芸人

南海キャンディーズは山里亮太がしずちゃんを口説いて結成した

今現在はピンで活動をされている南海キャンディーズですが、当時から凄い人気でした。

ただ一時山ちゃんとしずちゃんの不仲によって、いつ解散してもおかしくないと言われていましたね。

少しずつ昔のように山ちゃんとしずちゃんが2人揃って活動されている所も多くなってきています。

南海キャンディーズの結成秘話

元々山ちゃんとしずちゃんは知り合いではなく、NSC時代の同期でした。

初期の頃はお互い別々のコンビを組んでおられたそうです。

やまちゃんはその当時からしずちゃんの面白さに目を付けて、何とかコンビニなりたいと考えていたのでした。

①しずちゃんは人気があった

筆者自身南海キャンディーズが出演されているbace吉本に友達と見に行ったことがあります。

当時ノンスタイルなど有名な芸人さんはいたのですが、一緒に行った友達が南海キャンディーズのしずちゃんを目当てに行くことになりました。

他のお客さんもしずちゃんを目当てに来られていたほど、本当に面白かったのです。

実際しずちゃんは山ちゃん以外に他の芸人から、コンビをしないか?と声をかけられていました。

1回別の方とコンビを組んでいたしずちゃんでしたが、その後組んだ二宮という方とコンビを組まれたんですよ。

二宮さんと組んだ理由は、しずちゃん好みの男前な方だったからというものです。(笑)

当時やまちゃんはしずちゃんと二宮さんがネタをされていた所を見ていたそうなのですが、しずちゃんがネタを書いた場合抱き合うシーンをやたらといれていたと言われています。

間違いなくしずちゃんの下心でしょう。

②山里亮太はしずちゃんの間男!?

間男とは現代風に言うと浮気相手という言い方にはなります。

ただし恋愛に関しての間男ではありませんのでご安心ください。(笑)

当時二宮さんと組んでいたしずちゃんでしたが、山ちゃんはしずちゃんに声をかけて自分と組んでくれとお願いしたのです。

2人のネタを勝手に書いてって、渡して、『これに可能性を感じたらコンビを組んでくれ』って

山ちゃんはしずちゃんにネタの台本を渡し、可能性を感じてくれたのでした。

実際には山ちゃんに男性としての魅力を感じなかったからという理由もあったとは言われていますよ。(笑)

しずちゃんが二宮さんにドキドキしすぎて、多分そのまま継続していたら危なかったでしょう。

南海キャンディーズのコンビ名の由来とは?

南海キャンディーズの由来とは何か?

当時はWikipediaなどありませんでしたので、由来に関しては分からなかったですね。

筆者は関西方面の人間なので、てっきり南海電車から取ったのか?と思っていましたがそうではないようです。

南海キャンディーズは元々山ちゃん達が付けた名前ではありませんでした。

①先輩のザ・プラン9が付けた名前

ヤナギブソン、浅越ゴエさんは知っておられるのではないでしょうか?

2人は先輩芸人であるザ・プラン9に相談しに行ったそうです。

初期は『南海ホークス』というコンビ名を提示され、しばらくはその名前で活動していました。

しかしその名前になじめなかった2人は改名を依頼されたのです。

女性のしずちゃんがいるコンビということで、キャンディーズはどうか?という風に提案されました。

今考えるとキャンディーズというのは歌手のキャンディーズのことだったのでしょうか。

ハッキリ言って今だから良いですけど、センスないですね。(笑)

②初期の南海キャンディーズは野球ネタだった!?

先輩のザ・プラン9が考えてくれたコンビ名ではありましたが、元々の由来は野球から来ていたそうです。

南海ホークスという名前は、恐らくダイエーから取られている可能性が高いですね。

それに従って山ちゃんとしずちゃんの芸名も全く違いました。

しずちゃんは当初しずちゃんではなく、門田博光選手の名前を取って門田という名前にされていたのです。

しかし2人共野球には詳しくないので、やりにくいと感じてしまっていました。

結局山ちゃんとしずちゃんは南海キャンディーズとして落ち着きましたが、グダグダでしたね。(笑)

南海キャンディーズの漫才

南海キャンディーズ誕生後、M1に参加されました。

さすがに1年目で優勝されることはありませんでしたが、その後『南海キャンディーズ』は視聴者の目に留まるようになりました。

当時まだ20代だった2人から見れば、結構若くでデビューされていますからね。

普通はもっと遅咲きだそうですよ。

山里亮太のトーク力は頭が良いから出来ることで学歴もすごかった南海キャンディーズ山ちゃんは今や知らない人はいないというほど凄い人になっています。 昔は『吉本ブサイク芸人ランキング』で殿堂入りを...

①南海キャンディーズのライブは凄かった

筆者の学生時代、南海キャンディーズが絶頂期だったのですが、本当に人気がありましたね。

当時東京ではなく大阪で活躍されていたのですが、大阪にいた頃は出待ちが凄かったですよ。

芸風としてはしずちゃんが淡々とボケで、山ちゃんがうざい感じで突っ込むというものでした。

昔を知らない方からすればありえないことだったかもしれませんね。

南海キャンディーズのコンビ格差

現在こそ山ちゃんは活躍をされていますが、当時はコンビ格差はありました。

筆者もその当時の人間だったのでよく知っていますが、山ちゃんの方が気持ちが悪かったからという理由が大きかったかもしれません。

今でこそ何でもありな時代にはなっていますが、その当時しずちゃんの存在はかなり奇異な存在だったのです。

南海キャンディーズ山里亮太の年収は凄かった!?南海キャンディーズの山里亮太さんと言えば、現在重鎮芸人の1人と言えるでしょう。 常に人気がある人物です。 毎朝スッキリをご覧...

①しずちゃんの方が人気者

しずちゃんは当時から人気者でした。

面白い、背が高くてカッコイイ、目立つ、この3拍子が揃っているからこそ良かったのかもしれません。

正直に言うとコンビ格差などは特に珍しいものではないです。

どのコンビでも比べられるものです。

コンビ格差がないのはサンドイッチマンくらいかもしれませんね。

よくある話ですが山ちゃんはしずちゃんに対して、しずちゃんのトークを削るなどの嫌がらせを行っていました。

山里亮太としずちゃんとのコンビは今でも不仲!?南海キャンディーズの仲は現在修復しています。 2019年山ちゃんは蒼井優さんと結婚されており、キューピットとしてしずちゃんが紹介さ...

②しずちゃんは吉本新喜劇からオファーを受けていた

人気者のしずちゃんは吉本新喜劇など色んな所でオファーを受けていました。

しかししずちゃんはせっかくのオファーを断っていたのです。

私は山ちゃんに拾ってもらったんで、私から解散することはありません

山ちゃんが嫌がらせをしていたのにも関わらず、しずちゃんは山ちゃんのことを想い新喜劇に意向されることはなかったのでした。

南海キャンディーズは現在ピンで活躍

しずちゃんは山ちゃんが自分に対して嫌がらせをしていたことは何となく気が付いていたようです。

ゴッドタン』で明かされていたのですが、山ちゃんが行った悪行に関しては何がどうしていたのかまでは把握していませんでした。

しかしさすがにコンビで仕事を継続していくのがキツイと考えたようで、2009年にはコンビでの共演はNGとされています。

①南海キャンディーズの不仲

山ちゃんはしずちゃんに対して嫉妬の念を抱いていました

初期の頃はしずちゃんの面白さに目を付けて口説いたものの、自分がネタを書いているのに注目されないことが面白くなかったのです。

嫌な言い方をすると全て山ちゃんのせいですね。

現在は深く反省をされているのですが、2006年コンビの不仲によって自信をなくしてしまい、芸人を辞めることを決めていました

山ちゃんは自分は面白くないと考えていたようですが、その時千鳥の大悟さんが以前から依頼していたトークライブに出てほしいと言われ出場されたのです。

そのトークライブで大悟さんは山ちゃんのエピソードを面白くしてくれた上に、「これでもお笑い、辞めるんか?」という問いかけを行い自信を取り戻すことが出来たのでした。

②現在のしずちゃんの立ち位置

かつてはしずちゃんの方が面白かったと言われてはいますが、残念ながら現在の立ち位置は逆転してしまっている状態ですね。

理由としてはしずちゃんは一時期ボクシングをされていました。

遊びではなくオリンピックを目指すほどでしたので、ブランクはかなり空いています。

そもそも南海キャンディーズの芸風は山ちゃんのことを下げる漫才ではあったのですが、現在の立場から言うとしずちゃんはとても山ちゃんのことをいじれないんですよ。

多くのファンから認められている存在である山ちゃんに対して、足手まといであるという風に考えている視聴者もいるのです。

山ちゃんは元々トークは上手だったイメージはありますが、しずちゃんはもったりと話すためとてもトークには向いていないかもしれませんね。

しずちゃんはボクシングに転身!?

2007年しずちゃんは先輩であるロバート山本博さんから、ボクシングを勧められました。

当時ボクササイズも流行っていたこともあり、山本さん以外にも色んな芸人さんがボクシングジムに通われていたのです。

最初は軽い気持ちで始めたそうなのですが、『乙女のパンチ』というドラマをきっかけに本格的な指導を受けることとなりました。

①しずちゃんはボクシングを引退

しずちゃん

しずちゃんはしばらくの間、芸人をストップしボクシングの活動を行うようになりました。

C級ライセンスも取得されていたのですが、当時のしずちゃんの体重はヘビー級だったため誰も見合う選手はいなかったのです。

そのためヘビー級のチャンピオンとなったのですが、実際の公式戦を行ったのは2011年でした。

当時はロンドンオリンピックが近かったので、出場予定ではあったものの初戦で敗退されてしまいましたね。

それ以降も出場はされていましたが、大した成績は残せず2015年に引退をされたのです。

正直ボクシングを始めた年齢が30代近かったので、無理でしょう。

引退後はまたお笑いの世界に戻ることになりました。

まとめ

時々南海キャンディーズとしてテレビに出演されていることも多くなっています。

筆者世代であればしずちゃんのことを知っている方も多いですが、残念ながら今の若い視聴者ですとこの人は誰?と思うかもしれませんね。

2019年蒼井優さんと山ちゃんの結婚会見で、しずちゃんも一緒に会見に参加されています。

2人のキューピットとなったのはしずちゃんのお陰でもあり、各方面からしずちゃんに対して褒めているタレントもいますからしずちゃんの認知度は取り戻すことは可能でしょう。