芸人

芸人ミキのコンビ名の由来とは?伯父や関係者についても解説

現在人気絶頂中の兄弟芸人コンビ『ミキ』。

ここ数年で色んな番組に出ているほど、人気と実力があると囁かれています。

ミキへのファンも多いのですが、最近テレビを見てミキを知ったという方もいるため、ミキとはどういう芸人なのか?を調べていきましょう。

またミキの血縁者には超有名な伯父さんがいるそうですね。

ミキってどんなコンビ?

右側が兄の昴生(こうせい)さん左が弟の亜生(あせい)さんです。

2人は実の兄弟でありよく似ていますよね。

ただ同じメガネボーイ、顔立ちや髪色は似ているものの雰囲気は大きく異なります。

兄弟芸人はそこそこいるので珍しくはないのですが、兄弟仲はとても良いという評判ですね。

①兄弟芸人

ミキのように兄弟で一緒に芸人になっている方は結構多いです。

有名兄弟芸人コンビ

●千原兄弟
●中川家
●まえだまえだ
●海原やすよ・ともこ

現代の方がご存知の兄弟コンビはこんな感じですね。

改めて調べてみると兄弟コンビはそこそこいますが、一昔前の方が多いです。

ミキは兄弟芸人の中でも検索ワードのトップに上がってくるほど名前が知られています。

海原やすよ・ともこさんは関西ローカル番組でよく見かけることが多く、2人で一緒に活動されてはいるのですが、人気が高いのはミキかもしれませんね。

②やぶれかぶれ

昴生さんはその昔、インディアンズ田渕章祐さんと『やぶれかぶれ』というコンビを組んでいました。

田淵さんは最初は現在の相方である木村さんとコンビを組んでいたそうですが、一度解散した後昴生さんとコンビを組んでいます。

しかし芸風的に2人も喋りまくる感じだったので、お客さんからはネタの内容が聞き取れず何言っているのか分からない状態だったそうです。

ミキの漫才や昴生さんのトークをご存知の方は理解出来ると思いますが、聞き取りが苦手な方はしんどいかもしれません。(笑)

 

2人は改善策・解決方法が分からなかったそうで、4ヶ月ほどで解散してしまいました。

現在は元の相方である木村さんとコンビを組んでいますが、ここまで早く解散そして元さやに納まったコンビってそうそうないような気がします。(笑)

見切り発車が超絶早かったのが良かったのかもしれませんね。

③ミキの実家は出町柳

出町柳とは京都府京都市左京区側にある町です。

京都出身のよしもと芸人「ミキ」京都を語る! ―仕事編―

以前インタビューで出町柳が出身ということをおっしゃられていました。

誰もが知っている河原町から距離はありますが、亜生さんは鴨川でご飯を食べたりだらだらしたりしていたみたいですね。

京都出身の芸人さんは結構多いですが、ミキの2人は地元を愛されているようです。

亜生さんが京都にはなんかにおいがあるらしいとのことですが、懐かしいにおいと言われています。

筆者関西出身者で京都たまに行くのですが、全然分かりません。(笑)

まだ昴生さんがおっしゃっていた街並みが独特という部分なら理解できます。

④ミキがインタビューで語った話

2016年正統派漫才を継承する兄弟コンビとして、インタビューを受けていました。

ch STAFF ゆき 高3/ミキ 亜生さん・昂生さん/ch STAFF ナツキ 高3

その中で一番印象深いと思ったのが、毎日5時間以上かけてネタを作っていたという所ですね。

デビューしてからとんとん拍子でステップアップしていったのですが、劇場のオーディションに落ちてしまいました。

その時めちゃくちゃ悩んだのですが、毎日ネタ作りに励まれたと語っています。

現在はさすがに5時間以上もされているかは分かりませんが、普通はどちらかが作る方が多いようです。

しかしミキのネタは兄弟ならこそかもしれません。

一緒に居て苦痛でない人物だからこそ、出来たことなのでしょう。

⑤ミキの実家はお金持ち?

ネットでアップされていたので確認をしてみたのですが、今現在は何ともいえませんね。

ミキという名前でヒットするのが、真矢みきさんだからです。(笑)

親戚関係に当たる上岡龍太郎さんがお金持ちだろうというのは理解が出来ますが、ミキの2人と交流がある訳ではないそうなので関係ないように思えます。

芸人ミキの名前の由来

ミキは2012年に結成されたコンビです。

昴生さん、亜生さん達は現在アラサーなのですが、年齢的に考えると結構遅く構成されたような気がします。

時期的に見ると2人共20代越してからなので、ある意味では遅咲きと言えるかもしれません。

コンビ名の由来についてご紹介していきましょう。

①由来は苗字

うすうすお気づきの方もいると思いますが、ミキというコンビ名の由来は苗字です。

苗字はそのままで三木さんと言います。

2人が共通しているものと言えば苗字なので、そのまますんなり決まったそうですね。

漢字のミキよりもカタカナの方がインパクトがあるので、これは確かに良いかもしれません。

名前が女性名っぽさもあるので結構覚えやすいという方もいるほどです。

何故弟とコンビを組むのか?

ふとした疑問なのですが、何故兄弟でコンビを組んだのかが気になりませんか?

兄弟2人共漫才がやりたい!と言ったわけではないそうで、大体はどちらからか誘われたということが多いようです。

調べてみるとお兄さんが誘ったのがきっかけだった方ばかりです。

意外な一面を知れる良いきっかけかもしれませんよ。

①ミキがコンビを組んだ理由とは?

最初は昴生さんはインディアンズの田淵さんとコンビを組んでいたものの、それ以降は鳴かず飛ばずの状態でくすぶっていました。

芸歴4年になっても中々売れず、厳しい世界であることを肌に感じ一時期は辞めたいと思っていたそうです。

そんな中転機が訪れます。

弟の亜生さんから電話が入り、「仕事辞めたんだけど、お笑いの世界に行きたい」と自分から言い出したみたいですね。

ちなみに当時亜生さんは介護士の仕事をされていました。

電話をかけてきた際泣きながらだったそうですが、介護士の仕事は超絶きついので理解できます。(笑)

しかし兄である昴生さんは芸人の世界の厳しさを理解していたため、「よく考えて決めろ」と話ました。

普通ならすぐに返事が来るパターンだと思うのですが、返事は半年後だったそうですよ。(笑)

昴生さんも「長かったで、半年」と苦笑いで語っていたことがあるので、そりゃそうですよね。(笑)

兄から言うことが多いのですが、意外にもミキは弟の亜生さんが言い出したのは驚きかもしれません。

亜生さんが後にインタビューで芸人になるきっかけについて語っていたのですが、クラスの友達に「面白いから吉本行ったらええんちゃう!?」と言われていたのがきっかけだと言われています。

高校3年生の時昴生さんが大学に通いながらお笑いをしていることを知ったので、それも大きかったのでしょう。

②他の芸人のパターン

せっかくなので人気兄弟芸人の千原兄弟、中川家の2組のコンビを組んだ経緯についてお話しさせて頂きましょう。

2組ともミキとは反対に、お兄さんから誘ったそうです。

千原兄弟の場合は兄であるせいじさんが、当時引きこもりだったジュニアさんをほぼ無理矢理NSCに入学させたと話しています。

ミキ同様顔立ちが似ている千原兄弟ではあるものの、せいじさんの方が意外と破天荒なんですよね。(笑)

中川家も兄である剛さんが礼二さんを誘ったのがきっかけでした。

元々2人共お笑いが好きで、学校卒業後サラリーマンとして働いていたとされています。

大人しい剛さんが意外ですよね。

亜生のおかげ

鳴かず飛ばず状態だった昴生さんでしたが、亜生さんのおかげで飛ぶように人気が出ました。

正直な話亜生さんのおかげでミキの人気は保っているとも言えますね。

昴生さんも人気がない訳ではないのですが、亜生さんの人気は圧倒的すぎてやばいです。

元々兄弟コンビというのは人気があるものの、何故ここまで亜生さんが入っただけで人気が出たのかも見ていきましょう。

①亜生のルックス

現在の芸人は昔と異なり単純に面白いだけではとても生活できません。

おもろかっこいい』というジャンルがないと、とても生き残っていくことは難しいのです。

亜生さんはその2つを兼ね備えていることもあって、ファンからの人気が出ました。

ミキの2人を見て頂けたらお代わりになると思いますが、亜生さんの方が印象が良いと思いませんか?

笑顔がとても素敵で可愛らしいんですよね。

イケメンというほどイケメンではないのは確かなのですが、ただ清潔感があり可愛いというのが女性の心を魅了している要因と言えるでしょう。

②亜生は優遇

亜生さん人気はどのくらいかというと、関西ローカルの番組で曜日限定のレギュラーに抜擢されるほどでした。

おはよう朝日です』という番組の金曜レギュラーをされています。

また亜生さんのみ抜擢されている番組もあるので、その格差は半端ないと言えるでしょう。

亜生さんの人気は関西方面には知名度がとても高く、大阪に亜生さんがいるとめちゃくちゃ人だかりができる人気とも言われています。

亜生さんファンのTwitterなのですが、めちゃくちゃ好きな方が多いです。

そりゃファンも増えるわな。(笑)

ちなみに昴生さんの場合街中をあるいていても、「亜生さんいないんですか?」と言われるだけで終わるみたいですね。

切ないというか笑えます。

最初は反対された

最初は芸人になりたいと言った所、親から反対されたそうですよ。

これはどの親でもあるとは思いますが、ミキもそうだったと話しています。

現在はお母さんが一番のファンですが、昔はあり得ない状態でした。

ミキの芸人ヒストリーについてご紹介していきましょう。

①長男であるがゆえ

最初は親から猛反対されました。

高校卒業後昴生さんはNSCに通いたかったそうなのですが、「長男だから」という理由もあり大学は卒業するように言われたのです。

親の意見を聞き入れ、昴生さんは花園大学という大学に進学しました。

ただの意見だけではなく、一番信頼していた先生からは「親が大学を進めてるならが大学に行って教養を付けなさい」と言われたのもきっかけの1つとなったようですね。

実は昴生さん、高校と大学が先輩芸人であるチュートリアル徳井さんと同じ所だったみたいです。

正確に言うと高校は徳井さんの相方である福ちゃんと同じではあるものの、大学は徳井さんのみという感じですね。

どちらも偏差値はそこまで高くはありません。

昴生さん的には先生の意見を聞いて、「今はその4年があって良かったと思ってます」と話されているので無駄ではなかったのでしょう。

②母親は反対で父親は賛成

ミキの両親は意見が真っ向から分かれていたそうです。

お母さんが反対され、お父さんは賛成されたと話しています。

最初はお母さんだけに言っていたので反対されまくった挙句、ド修羅場だったと2人がインタビューで答えていました。

後にお父さんに話した際は後押ししてくれたみたいですね。

昴生さんには「やりたいことがあるだけお前は幸せや」と言ってくれました。

亜生さんはお父さんにお兄ちゃんと一緒に芸人をやりたいと話したそうで、「いいんちゃう?30歳まで好きなことしたら」と気楽に言ってくれたのが良かったそうですね。

こんなにも意見は違いましたが、お父さんのおかげで今があるのかもしれません。

伯父は上岡龍太郎

漫才師やタレント業をされていた上岡龍太郎さんをご存知でしょうか?

実はミキの2人は上岡龍太郎さんの血縁者に当たります。

お母さんが上岡龍太郎さんの妹なんですよ。

最近になって世間に公表されているのですが、当時お母さんからは「上岡龍太郎の血縁者とバラしたら全力でつぶすぞ」という過激な口止めをされていたそうです。

ただ上岡龍太郎さんとミキはほとんど顔を合わせたことがないため、単純に血族だったという印象しかないかもしれません。

お母さんが口止めした理由は兄である上岡龍太郎さんの名前を使って売名行為をしてほしくないことと、迷惑をかけたくないという気持ちがあったのでしょう。

大変失礼な話にはなりますが、恐らくミキと同年代の方であればそうなんだー程度にしか認知されないのでそこまで問題はないかと思います。

筆者自身がそうなのですが上岡龍太郎さんは何となく名前を知っている程度でしかないため、昔の漫才師さんなんだくらいにしか考えていないですね。

母親世代は知っているそうですが、現代の方からすればそこまで影響はないでしょう。

まとめ

ミキはまだ10年そこそこの芸歴しかない若手芸人ですが、色んな番組でもその姿をよく見るため徐々に頭角を現していっている感じですね。

兄弟の仲がとても良いですし、女性にも人気があるコンビとも言えます。

若手ながら漫才もされていますし、今後も期待が出来そうですね。

マスク・除菌・抗菌『3つで徹底対策』

マスク・除菌・抗菌のことは
「打倒コロナ!応援情報」
ご相談ください

ウィルス対策室