芸人

ミキの亜生まれは捨て猫の救世主!?単なる猫好きは亜生を見習え

人気お笑い芸人のミキ亜生さんは猫好きだと公表されています。

しかし単なる猫好きではなく、捨て猫たちの救世主だと言われているのです。

何故捨て猫の救世主だと言われているのか?

現在のペットブームに異議ありと唱えたくなるほど、亜生さんの行動は本当に敬意を表さねばなりませんね。

亜生の猫たちと名前

亜生さんは家で猫を3匹飼っています。

View this post on Instagram

A post shared by ミキ 亜生 弟 (@aseihurricane) on

名前は助六と銀次郎、藤という名前です。

意外と渋い名前ですね。(笑)

結構珍しいと思いますが2匹とも黒猫、藤は違います

猫好きのタレントは結構多いのですが、ほとんどは何かの愛玩猫や品種改良された猫をチョイスされていますね。

亜生さんは黒猫がお好きみたいですよ。

①黒猫は人気がない?

海外の迷信ではあるのですが『黒猫は不幸の象徴』だと言われています。

それは日本でも伝わっており、黒猫を見ると不吉の象徴だと言われ忌み嫌う方が多いのです。

ただ海外では嫌われているようですが、日本では好き嫌いに分かれるとされています。

実際黒猫と言えば『魔女の宅急便』や『クロネコヤマト宅急便』をイメージされる方もいるほどですからね。

黒猫って実はフレンドリーでとても可愛らしい猫なのです。

甘えん坊な性格であるため、本当の猫の愛好者には人気が高いんですよ。

亜生さんが飼っている猫達はとても毛並みが良さそうで綺麗なにゃんこですよね。

亜生は猫の救世主!?

2019年のニュースでアップされているのですが、捨て猫を拾う『なにわの救世主』とアップされている記事があります。

2015年から捨て猫を保護しているそうですね。

3年間で20匹の捨て猫を保護されています。

そもそも何故捨て猫を保護されるのか?

単なる話題造りでは?と思う方も多いかもしれませんが、話題づくりで捨て猫を保護できるほど甘い話ではないのです。

①飼い猫との出会いが保護だった

現在飼い猫となり亜生さんと一緒に暮らしている助六と銀次郎は、元々捨て猫でした。

助六の場合は2015年亜生さんが釣りに行こうとしていると、駐車場のブロック塀と家の間から鳴き声が聞こえてきたそうです。

亜生さんは己の身を顧みず、自身の背中を血だらけにしながら助六を救出しました。

銀次郎も助六と同年、家の前のマンホールから声が聞こえへ泥まみれになりながらも救出したのです。

銀次郎の場合は衰弱が酷く、動物病院で1週間の入院を余儀なくされてしまいました。

当時は現在のように売れっ子ではなかったため、お金が払えず給料を前借したと言われています。

普通ここまでやる人そうそういないですよね?

②飼い猫達以降も助けている

助六や銀次郎だけではなく、それ以降も色んな猫を救出されています。

時には後輩から連絡をもらい保護してほしいという依頼を受け、東京から大阪まで速攻でとんぼ返りしたとまで言われているほどです。

正直ここまでやるのは偽善者では?と思うかもしれません。

しかし亜生さんのように命を粗末にせず助けてあげようと言う意識を持つことは誰にでも出来ることではないのです。

③隣の女性の助け

助六、銀次郎と共に藤という猫もいましたが、Instagramにアップされているのは、助六と銀次郎の2匹のみが多いですね。

View this post on Instagram

沖縄2日目

A post shared by ミキ 亜生 弟 (@aseihurricane) on

大阪に住んでいた頃、60代の隣人の女性がいたのですが、亜生さんの猫達を預かっていたそうです。

半月は東京の仕事が多かったため、その隣人の女性が協力をしてくれ「私が全部やるから東京で思いっきり仕事をしておいで」と言ってくれたと話しています。

その女性には助六と銀次郎たちはなついているようですが、警戒心が強いのか兄である昴生さんや他の人にはなつきませんでした。

現在は東京進出をされているため、その女性との交流はなくなっているかもしれませんね。

今は東京で彼女と一緒にいるため、彼女が猫達のお世話をされていることでしょう。

④ミキの亜生って潔癖症では?

ここで疑問に思った方が多いと思うのですが、以前『有吉ゼミ』にて亜生さんは潔癖症ではないか?と言われています。

ただ全てに関してではなく足の裏潔癖症ですね。

亜生さんの潔癖症について調べてみましたが、対処がかなり自己流と思い込みであるためそこまでがちがちの潔癖症ではないようです。

もしも本当の潔癖症であれば、捨て猫を触るとかヘドロまみれになって猫を救出するような真似は出来ないでしょう。

捨て猫は多い

犬と違って猫はどこでも見るような気がします。

昔は野良犬というのはありましたが、現在では猫が都会や田舎を問わずよく見かけますね。

実際筆者の近所にもよく野良猫はいます。

しかし改めて考えると野良猫の場合は誰かに捨てられてしまった可能性が高いです。

現実問題、動物を可愛いと思うだけでは飼う資格などありません

①子猫が生き残れる確率は32%

ちょっと昔にはなりますが、平成27年度殺処分された子猫の数は45000頭となります。

犬はまだマシですが、年々猫が処分される率は高いのです。

何故殺処分なんかするの?という疑問を持つ人もいるでしょうが、元々体に不自由のある猫やとても人間にはなつかない猫もいるため飼育が不可な猫もいます。

もちろん本来であれば殺処分しない方が良いには決まっているでしょう。

しかしそこまで面倒を見ていられるのか?というのが現状ですね。

悪いのは無責任に飼う人間ではないでしょうか。

②ペットショップは恐ろしい

昔から当たり前のようにあるペットショップですが、ペットショップはなくなれば良いと考えている動物愛護の方もいます。

ペットショップは動物を購入するお店ですが、その中で商品として売れなくなってしまった動物はどうなるのか考えたことはありますか?

中には酷い状態で飼育されているものもあり、そういったケースが何件も見つかっています。

売れなくなってしまった場合、殺処分や山に捨てられるという話もあるほどです。

山で野生化している動物はそういう理由があるのですよ。

現在ペットをそこまで購入されている方は多くないので、ペットショップ自体不要であるとしか言えません。

ペットショップが必要だなんて言っている方は、動物の命を粗末にして良いものかどうかそこをお考えくださいませ。

③ブランドが全てではない

ブランドを好む人間はとても多いです。

特に女性はブランドを好む傾向がありますからね。

そういう面ではブランドでしか動物を見ていない人間は最低としか言いようがありません。

どんな猫も生きているのです。

ブランドだからどうだ、思ってたのと違ったという理由で捨てられた方はたまったものではないのですよ。

動物を捨てる人間は愚かですね。

④勝手な都合で猫を捨てる

動物を捨てる人間はとても身勝手な理由で猫を捨てます

動物を捨てる理由

●世話ができない
●引っ越し先がペット禁止
●アレルギー

家庭の事情で世話ができなくなったからって捨てて良い理由にはなりませんよね?

厄介なのはアレルギーが発症することでしょう。

猫アレルギーは結構深刻なのでしんどいのですが、最後まで処理をしてこそ飼い主の責任ですよ。

亜生は保護猫の活動も行っている

亜生さんのInstagramに保護猫についての見出しがアップされていました。

内容的には熊本県のことのようですね。

またペットショップに行く前に、愛護センターに行ってくださいという呼びかけもされています。

これを見る限り、亜生さんは本当に猫のことを考えておられるのですね。

このInstagramを見た方から、考えてみるという方もいました。

亜生さんという人気のある方だからこそできる技ではあるのですが、これをきっかけに色んな人達に知ってもらいたいものです。

亜生さん自身猫の殺処分がなくなることを望まれています。

ミキの亜生は黒猫カレンダーを発売

2018年亜生さんが自身の飼っている猫達との日常を日めくりカレンダーにした『黒猫ダイアリー』を発売しました。

よくある31日分の日めくりで、メッセージが付いています。

ちなみにこのダイアリーはお笑いが一切ないそうです。(笑)

ミキの亜生はなぜ人気?イケメンなのは顔だけではない!?お笑い芸人ミキの亜生さんは女性に人気があります。 最近色んな番組に出ることが多いのですが、やはり亜生さんが出ると視聴率が高いですね...

①猫好きの人向け

お笑い芸人である亜生さんではあるものの、黒猫ダイアリーには一切ギャグがなくガチな可愛さを追求されています。

「僕と猫がただただ可愛い、お互いの可愛さをぶつけたカレンダーになってます。だから女性の方や猫好きの方がキュンキュンするような内容になっております。」ということでした。

実際イベントには女性ファンが多く来てくれたそうですね。

亜生さんが自信満々にしてインタビューに答えていたように、反響があったのでしょう。

②昴生も載ってる

猫と亜生さんのダイアリーではあるものの、実は昴生さんもちょっとだけ登場されています。

お兄ちゃんもお笑いではないので、かわいい猫の1匹として出てます。」ということでした。(笑)

ギリギリ猫扱いであればまだマシに見えるかもしれませんね。(笑)

しかし兄である昴生さんを猫扱いされるとは、さすが天然な亜生さんとしか言いようがありません。

猫好きファンから反響有り

黒猫ダイアリー』発表後、色んな方やファンから反響があったようですね。

「Instagramで感想をくれはったりとか、私の家の猫も見て下さい!ってめちゃくちゃ人の家の猫の写真がおくられてくるんですけど、やっぱり自分の猫が一番かわいいと思います。(笑)」

最後は自分の猫ののろけをかましていました。(笑)

確かに他所の家の猫を見せられても、自分の家の猫が可愛いに決まっていますよね。

①差し入れが猫用品

黒猫ダイアリー』でのインタビューの際、ファンからの差し入れが全て猫用品と明かされていました。

これは何よりもありがたいものですよね。

猫用品って消耗品がとても多いので買うのは本当にバカにならないのですよ。

エサ代とかトイレ用品、寝床とか全てにお金がかかる代物です。

ファンの方々はとても優しい方ばかりなのでしょう。

ただし差し入れの中にはとんでもないものもあったと話されています。

これは迷惑極まりないというか、どの面下げてそんなことを言う方がいたのでしょうね。

友達ならともかく友達でも何でもない方にこんなことを言う方はとても失礼極まりないでしょう。

ミキの年収っていくら!?売れっ子芸人にしては高い方なのか?最近上岡龍太郎さんの甥っ子だと公表した芸人のミキ。 以前彼らのラジオ番組で給料について話していました。 そこで判明したのは給料が...

まとめ

亜生さんは本当に猫の救世主だと思います。

ここまでされた方はタレントの中でも亜生さんだけでしょう。

この猫の行動を見ていると本当に優しい方だとしか言いようがありません。

亜生さんがインスタグラムや色んな所で発信してくれているお陰で、現在の捨て猫事情は理解された方も多いです。

捨てられて可哀想と思う人はたくさんいますが、雑に扱って良い命なんてありません。

どの生物も価値のある者はいますが、だからと言って人間の下らない事情でせっかくの命を無駄にしても良いと思っているのでしょうか?

そういう考えを持っている人間はいつか自分も同じ目に合いますよ。

マスク・除菌・抗菌『3つで徹底対策』

マスク・除菌・抗菌のことは
「打倒コロナ!応援情報」
ご相談ください

ウィルス対策室