芸人

又吉直樹の父親や家族が個性的?又吉一家について解析

又吉直樹さんは誰もが知っている有名な芸人さんで、昔『ピカルの定理』というコント番組で知名度を上げました。

芸人でありながらあまりにも幸が薄そうな又吉先生なのに、印象がありすぎてめちゃくちゃ不思議な人物でもありますね。

そんな又吉直樹さんですが、家族が変わっているという評判をよく聞きます。

芸人の家族って大体独特だったりぶっ飛んでる人がいるものですが、又吉先生の父親や家族はどんな個性的な人物なのか?

又吉直樹とは?

又吉直樹とはピースというコンビで活躍されていた芸人です。

現在相方の綾部祐二さんが渡米しているため、1人で活動されています。

芸人ではあるものの、『火花』という作品を発表したことによって有名となり作家としても活動されているのです。

火花発表後芥川賞を受賞し、それ以降は又吉先生と呼ばれるようになったんですよ。

ピカルの定理という番組は10年くらい前に放送されており、3年程度で終了してしまいましたが人気があって深夜番組時代はとても面白い番組でした。

現在コントなどをされてはいないものの、ピカルの定理では常に体を張る又吉先生が見れたのも貴重かもしれませんね。

又吉直樹の彼女って壇蜜?結婚の話も出てるけど本当!?隠れイケメン芸人として有名な又吉直樹さん。 よくテレビでは彼女がいない、自分はモテない説を話していましたが、ネットを検索すると壇蜜...

①死神と言われた男

昔人気が出る前、又吉先生は死神と言われていたそうです。

ちなみに又吉先生だけではなく、ハリセンボンの箕輪はるかさんも死神と呼ばれていましたね。(笑)

見た目的な感じもそうなのかもしれませんが、又吉先生曰くあまり音を立てないように気を付けているそうなのでそれで驚かれるそうです。

確かにそれをされると地味に怖すぎます。(笑)

以前アメトーク流行語大賞で又吉先生の言葉がノミネートされていたのですが、昔通行人にお笑いライブのチケットを自分で売り込んでいたのだそうです。

通行人の女性に「お笑いどうですか?」と言った所、相手が聞き間違えてしまったそうでとんでもない解釈をされてしまったのだとか。

相手にはお笑いではなくお祓いと聞こえたそうで、「えっお祓いですか?」という風にびっくりされたみたいですね。(笑)

確かに幸が薄い感じなのでそう見られても違和感がないかもしれません。www

②又吉直樹は隠れイケメン

このへんは超有名かもしれませんが、又吉先生は隠れイケメンであることが判明しています。

昔ロンドンハーツで『奇跡の一枚』という企画により、髪型やメイクなどをして芸人たちがイケてる瞬間を撮影していたのですが、又吉先生のクオリティが男性の中で一番トップでしたね。

記事番号:34536/アイテムID:1097226の画像 記事番号:34536/アイテムID:1097291の画像

普段の姿からとても想像がつかない感じですが、間違いなく又吉先生本人です。(笑)

当時筆者はこの奇跡の一枚リアルタイムで見ていたのですが、あまりの変わりように思わず叫んでしまうほどでしたし超カッコよかったですね。

実際又吉先生自身イケメンですし、髪型や雰囲気を変えればめちゃくちゃカッコよくなることが判明した瞬間といっても過言ではないでしょう。

ちなみにこの奇跡の一枚はほとんどの人が美男美女になるようにメイクをされていますが、又吉先生はほとんど触っていないそうですよ。

ピース又吉直樹が隠れイケメンすぎて神の前に懺悔したこれまでロンドンハーツや色んな場面でもイケメンだと言われているピースの又吉直樹さん。 実は密かに女性人気が高い芸人さんと言っても過...

又吉直樹の出身地

又吉先生の出身地は大阪府寝屋川出身です。

聞き取りにくいかもしれませんが、関西弁を喋っているので関西人ですよ。

他県民ですと大阪の人というと色んな意味ではっちゃけていたり元気な人が多いのですが、又吉先生はとても口数が少ない方で有名ですね。

筆者自身関西出身者なのですが、基本的に関西の人はノリが良く又吉先生のような人物は確かにレアかもしれません。

ただ又吉という名前は本土ではなく沖縄の名前であるため、ほとんどの人が沖縄出身と思われたみたいです。

両親が沖縄県出身で大阪に引っ越されたということでしょう。

①北陽高校

関西県民やサッカー好きな方であればご存知ですが、又吉先生はサッカーの名門校として有名な北陽高校の出身者です。

意外かもしれませんが、又吉先生はサッカー選手でした。

しかも3年の時は副キャプテンを務めていたそうなので、めちゃくちゃ強かったみたいですよ。

当時の又吉先生ですが、髪型以外そんなに変わっていないですね。(笑)

インターハイ出場されたこともありますし、ピカルの定理でサッカー対決もされていたことがあるので相当強いことは判明していました。

又吉直樹は学生時代サッカー選手として大活躍していた!?お笑い芸人又吉直樹さんは作家として有名になっているのですが、実は知的な印象に反して子供の頃はサッカー選手でした。 それも超有名高校...

又吉直樹の父親

又吉先生の両親は沖縄県民出身で、お母さんは加計呂麻島という所の出身だそうです。

4歳上、3歳上のお姉さんがおり、又吉先生は末っ子長男ということになりますね。

末っ子長男ですと姉が偉ぶっても逆らえないため、弱々しい男性になることも多いのは事実でしょう。

お父さん自身かなり個性的な方なのでどんな人物なのか調べてみました。

①又吉乙敏という人物

お父さんの名前は又吉乙敏というそうです。

昔又吉先生は高校3年生の時進路について聞かれたそうですが、大学進学ではなくお笑いの道に行きたかったそうで、「家の仕事を継ぐ」と言って断っていました。

ちなみにお父さんの職業は自営業でも何でもなく、会社員だったみたいですよ。(笑)

普通に働いていたようですが又吉先生が子供の頃は、とても貧乏だったという話が残っています。

演技力がないのかはとても謎な部分ですが、又吉先生が子供の頃クリスマスプレゼントをくれたそうです。

中身はラジコンでサンタさんからの手紙が添えられていたそうなのですが、その手紙には『父より』と書かれていました。(笑)

気持ちは分かるのですが、吉本新喜劇ばりのネタみたいになってるのがめちゃくちゃ面白かったですね。

お父さん自己主張が強いのか微妙な所ですが、まさかのフライングすぎて又吉先生もさぞかし固まったことでしょう。

②隠すくらいなら見せる

あまりにも衝撃的すぎるエピソードがあるのですが、又吉先生のお父さんは昔大人のビデオを押し入れに隠していたそうです。

大人のビデオを見つけられることを恐れ、どうすれば良いのか?と悩んだみたいですね。

お母さんにも見つかって欲しくないものですし、子供というのは捜索が大好きなので見つけられてしまう恐れがあります。

悩みに悩んだ又吉先生のお父さんがとった行動というのが、とんでもない行動でした。

ここに大人用のビデオ有り。閲覧は自由

みんなに明かしたそうですが、男の子は又吉先生だけでしたのにそれはどうなんだという話ですよ。(笑)

まさかの逆転の発想にある意味男らしいというのか、むちゃくちゃというのか凄すぎる逸話の持ち主でした。(笑)

③どないやねん

又吉先生が現在のような性格になってしまったのは、お父さんの影響であると明かされています。

子供の頃お父さんの実家の沖縄県に行かれたそうなのですが、宴会時エイサーという沖縄の伝統的な踊りを又吉先生にお父さんが踊れと言われました。

又吉先生が踊った際めちゃくちゃ大盛り上がりだったそうなのですが、嫉妬心からなのかお父さんは褒める所か「お前調子に乗るなよ」と何故か怒られたと話しています。

このお父さんからの一言で、「人を笑わす喜びと調子に乗ると怒られるということを学んだ」と言っていましたが別に又吉先生何にも悪くないですよ。

個人的にお父さんめちゃくちゃというか面倒くさい人だとしか思わなかったですね。(笑)

それ以降又吉先生は現在のようになってしまったそうなのですが、人によりけりなのかもしれませんね。

又吉直樹の家族

又吉先生のお母さんやお姉さんたちのことについてもお伝えしていきましょう。

ピース 又吉 実家 親 きょうだい エピソード 火花

お父さん自身もかなり変わった人物ではあるので、その家族であるということは相当独特なことは間違いありません。

そもそも普通の家族なんてどこもいませんからね。

面白い人物であることは間違いないでしょう。

①又吉直樹の母親

お母さんは又吉みよ子さんと言います。

又吉先生のお母さんも沖縄県民だったそうです。

お父さん自体が無茶ぶりだったので、そんなお父さんについてこれるお母さんは相当おおらかであったことが伺えます。

ピースとして活動されていた際、こんなことを語っていたことがあります。

又吉先生が6歳の頃、父親と姉2人が遊びに行こうとしてついていったそうなのですが、何故か3人が猛ダッシュしてまかれてしまったそうです。

完全なる嫌がらせ。(笑)

可哀想に又吉先生は泣いて帰ったそうで、家にいるお母さんに伝えるとこう励まされたと言います。

めちゃくちゃやな!野菜炒め作ったるわ

個人的に野菜炒めで機嫌取れないような気がします。(笑)

特に又吉先生の好物ではないそうなのですが、めちゃくちゃなのはある種お母さんも一緒なので面白いですね。

②又吉直樹の祖母

おばあちゃんは千代さんというそうです。

沖縄県民は自然のもの全てに神が宿っているかのような考え方をする方が多いようですね。

又吉先生のおばあちゃんもそのような考えを持っており、部屋に虫が入って来た時に「おじいちゃんが虫になって会いに来てくれたんだから殺しちゃだめだよ」といったのだとか。

虫だと嫌悪感しかないのでせめて別のもので会いに来てほしい気がします。(笑)

しかし翌日おばあちゃんは蚊を思い切り叩き潰していたそうです。(笑)

確かに蚊は人間にとって迷惑でしかないけども、おじいちゃんでも容赦ないということなのでしょうか。

コント並みのやり取りが面白いというか、天然なのでしょうね。

又吉直樹の祖父

ピース 又吉 実家 親 きょうだい エピソード 火花

又吉先生の親戚はそんな感じだそうです。

親戚ってここまで多いものなのでしょうか、凄いですね。

家族のエピソードを振り返る特集番組があったのですが、おじいちゃんがとても大変だったそうですよ。

沖縄に生まれて戦前ハワイに行ったそうなのですが、相当苦労されたと話しています。

過酷な労働と当時は白人からの差別をされていました。

現在おじいちゃんは死去されていますが、子孫はみんな幸せそうですね。

父親は芸人を辞めさそうとしていた時があった

又吉先生が有名になったのはピカルの定理くらいからですね。

今から10年くらい前なので、当時20代後半でした。

芸人になりたいと言った時は特に反対した訳ではないそうですが、10年以上経過しても売れることはなかったのです。

心配したお母さんは又吉先生に問いましたが、「テレビに出るだけが芸人じゃない」と語っていたそうですね。

しかしお父さんは「芸人なんかやめさせてこっちへ呼び戻せ」とお母さんに話していたのですが、又吉先生には何も言いませんでした。

お父さんなりに心配していたのでしょうが、改めて考えると良い話にも聞こえますね。

あの時又吉先生が頑張らなかったら今の功績はなかったでしょう。

まとめ

悲壮感が強い又吉先生ではありますが、現在はなんやかんや芸人としても作家としても上手くやって行っているので成功されています。

後は結婚されて幸せをつかむことだけでしょうか。(笑)

めちゃくちゃなお父さんではありますが、お父さん達がいたからこそ今の又吉先生が構成されていることは間違いありません。