芸人

浜田雅功の子育て論に妻の小川菜摘が救われたエピソード

ダウンタウン浜田雅功さんの子育て論をネットで調べると、とても絶賛されている方が多いようです。

想像つかないかもしれませんが、浜ちゃんの子育て論は現代においても通用するものがありますね。

浜ちゃんはどんな子育てをされていたのでしょうか?

浜田雅功と小川菜摘の馴れ初め

2人の馴れ初めとしては、『ダウンタウン物語』という関西ローカルで共演されたことがきっかけだったそうです。

吉本興業制作のテレビドラマだったそうなのですが、16話~24話まで小川菜摘さんが登場されていました。

番組終了後に浜ちゃんが小川菜摘さんに声をかけて、交際がスタートされたのですね。

交際後は浜ちゃんが毎日小川菜摘さんに電話をかけていました。

1989年浜ちゃんは25歳、小川菜摘さんは26歳という若さで結婚します。

本当はまだ浜ちゃんは駆け出しだったので同棲という風に考えていたそうなのですが、親から反対されたため結婚という風に決めたのです。

浜田雅功と小川菜摘の新婚生活

浜ちゃんは浮気をめちゃくちゃされることで有名ではあるものの、芸能界きってのおしどり夫婦です。

とても仲が良く、浜ちゃんの誕生日には家族だけでお祝いされたと言われています。

浜ちゃんほどの人気芸人であればもっと盛大にパーリーピーポーしているのかと思いましたが、意外とパーリーピーポーしていなかったんですね。(笑)

新婚当時新幹線の中でペアルックで座っていたそうなのですが、とても仲の良い夫婦であることは一目瞭然でしょう。

ダウンタウン浜田雅功が通っていた全寮制の高校が超ヤバイ!?タレントの高校生活ってそんなに印象がないかもしれませんが、一番誰よりも壮絶な経験をされているのは、ダウンタウン浜田雅功さんかもしれません...
ダウンタウン浜田雅功が妻小川菜摘から意気消沈ゴリラと言われた?昔ダウンタウン浜田雅功さんがグラビアアイドルの吉川麻衣子さんと浮気をしていたことがありました。 浮気発覚後妻である小川菜摘さんから...

浜田雅功の子育て論

浜ちゃんの子育ては今現在の世の中にも通用するものはありそうですね。

子育てというのは本当に教科書通りにはいかないものです。

何故なら人間にはマニュアルなんて通用しません。

今の若い方や子育て中の方にこそ是非とも読んでください。

①育児本は捨てろ!?

小川菜摘さんは長男育児中、育児書を読んでいたそうです。

当時は今のようにネットという機能がそこまで発達していた訳ではなかったため、育児ノイローゼになりかけてしまっていました。

長男は中々ミルクを飲んでくれない子だったそうで、寝かせるとちょっと飲んでくれたため、3~4時間ごとに電話のジャックを抜いて部屋の電気を暗くしてというやり方をされていたのです。

極めつけは『ピンポン鳴らさないでください』という張り紙を家の前に貼っていたというくらいでしたので、そうとう参っておられたのでしょう。

見かねた浜ちゃんがこのように声をかけてくれました。

お前少し休め!こんなんちょっとぐらい食わなくても死にはしないから。お前が死ぬぞ、先に!

こんな本なんか捨てろ!

こういう方法で頭でっかちになるな

心配してくれて言ってくれたのでしょう。

その言葉で小川菜摘さんはどれだけ救われたのか分かりませんよね。

②長男を放置しない

昔あるあるな話だったかもしれませんが、下に子供が出来た際「あなたはお兄ちゃん・お姉ちゃんなんだから我慢して」という風に言われたことありませんか?

これって一番やったらいけないことなんですよね。

兄弟の年齢が近いと赤ちゃん返りが発生してしまうのであんまりよくはないのですよ。

赤ちゃん返り

幼児期になった子供がおむつをするようになったり、ハイハイする行動
愛情不足のためこのような行動を起こす

おじいちゃんやおばあちゃんたちは皆付きっ切りで下の子を世話を見るようになるのですが、浜ちゃんの場合は次男が出来た時長男の前では絶対に次男を抱かなかったと話しています。

皆が次男に向かっている時、浜ちゃんはいつも長男と一緒にいて「あいつうるさいの」と長男と一緒に笑える程度の軽口は言っていたそうです。

この対応めちゃくちゃ神対応ではありませんか?

確かに誰か1人でも理解者がいれば全然違います。

③一は全・全は一

浜田家は2人共有名人でしたから特別扱いされることは多かったかもしれません。

しかし特別扱いをされるのは本来子供ではなく、両親自身の功績になります。

嫌な言い方をしてしまうと二世タレントって今世の中に出てきていますけど、大半大した人間性のない方が多くないですか?

それは自分の力ではなく、両親の七光りによって助けられているからです。

一番酷い例としては梅宮アンナさんではないでしょうか?

浜田家では親は親、子供は子供という風に教えていたと話しています。

あなたが特別な訳ではない

梅宮辰夫さん所がそうだったのですが、お小遣いと言われた際30万くらい普通に渡してしまっていたそうですね。

このような育て方では人間をダメにしてしまいますが、浜ちゃんの所は一般人と変わらない感覚で育てたのが良かったのかもしれません。

浜田雅功の子育てによって小川菜摘が救われた

浜ちゃんの子育ては本当に理想的だと思いませんか?

実際小川菜摘さんも浜ちゃんによってどれだけ救われたかという発言をされています。

何によって小川菜摘さん、そして浜ちゃん自身も救われたのかをお伝えしていきましょう。

①浜田雅功が父親でいじめられなかったのか?

誰もが知る有名人ではあるのですが、浜ちゃんが父親で子供さん達はいじめにあわなかったのか?という疑問を持っている方も多いでしょう。

実際妻である小川菜摘さんもそのことは危惧されていました。

当時の番組は何でもありだったため、間違いなくいじられる対象にはなっているはずではあります。

 

面白いのとめちゃくちゃやっているのがまた凄いんですよね。(笑)

小川菜摘さんが子供たちに、「お父さんカッコいいねぇ、お父さん今日も面白いねぇ、お父さんすっごいねぇ」と言い、浜ちゃんが出演されているテレビを見せていたそうです。

確かにこのやり方であればお父さんは凄いんだと子供さん達も思うでしょう。

浜田雅功にもアムラー時期があった!?ハマダ―とは一体何!?1990年代当時アムラーというものが流行りました。 アムラーとは平成の歌姫とうたわれた安室奈美恵さんのファッションを真似した人のこ...

②浜田雅功は考えた

今の世の中子供に関するニュースがとても多いと思いませんか?

とても痛ましくて悲しいニュースばかりなんですよね。

タレントのスザンヌさんも産後うつになってしまったという話がありました。

スザンヌさんの元旦那はそれだけが原因ではないかもしれませんが、別れてしまいましたよね?

スザンヌさんのように産後うつになってしまう方は非常に多いのですよ。

産後うつの原因

●パートナーや家族からのサポートが不足
●夫婦間の問題
●妊娠時や出産後の母体変化

現在もまだまだいるのですが、子育てを母親任せにしてしまう男性いますよ。

特に泣いている子供に「泣かせるな!」という愚かな父親がいるのですが、子供は泣くのが仕事だと思わないといけません。

浜ちゃんが良かったのは「なんで泣いているんやろう?」と一緒に小川菜摘さんと考えてくれたという点でした。

昔は母親が専業主婦でしたが今は共働きが当たり前になっている時代です。

浜ちゃんは怖いイメージがありましたけど、子育てに関してはとても良いお父さんだったんですね。

尾木ママは浜田雅功の子育てを絶賛

2015年『水曜日のダウンタウン』で浜ちゃんが子育てについて語っていたことがあります。

本人が出てきていた訳ではないのですが、出演されていたおぎやはぎの矢作さんが尾木ママも絶賛されるレベルと語っていたのです。

尾木ママの言っていることが正解とは言いませんが、理論的には全て理に適っているものだからでしょう。

小川菜摘の子育てがスゴイ

小川菜摘さんは母親として本当に凄い人物と言っても過言ではないでしょう。

当時小川菜摘さんは26歳で子供を出産されました。

浜ちゃんも芸人としてまだ駆け出しの状態だったため、東京進出したばかりだったそうです。

今現在だったら人気芸人の結婚はアイドル並みなので考えられませんが、時代の差なのでしょうね。

小川菜摘さんは子育てに専念するため、大好きだった舞台を封印されたと言われています。

その徹底ぶりはすさまじく、舞台の映画鑑賞ですら止めているほどでした。

何かを得るために何かを失わなければいけない、子育てとはそういう者かもしれません。

現在は子供さん達も大きくなったので、舞台に復帰されているですよ。

①小川菜摘は子供たちに浜田雅功の仕事を理解させていた

まだ若手芸人であり人気発展途上中の浜ちゃんは、ずっと家にいなかったそうです。

そのためどうしても蚊帳の外になってしまうことが多かったと言われています。

何処でもありがちなことかもしれませんが、小川菜摘さんは「まだ若手芸人で家にいなかったので、どうしても蚊帳の外になってしまう。だから、絶対にお父さんを巻き込まないといけなかった」と考えておられたのです。

確かに仕事で忙しいことは明白なので仕方がないかもしれませんが、ちゃんと会話の中にお父さんを敬うような言葉を言われているのでそこはすごいことですよね。

冷蔵庫を開けた時も「お父さんが一生懸命働いてるから、こんなに美味しいものが冷蔵庫にあるねぇ。お父さんが頑張るからおもちゃ買えるねぇ。」と話されていました。

これって本当に凄いことではないでしょうか?

ここまでしてくれている方って中々いないですよ。

それを考えると小川菜摘さんって本当に良妻賢母なんだなとしか言いようがありません。

②母親が叱って聞かない時は父親に

子供はある程度大きくなると母親の言うことなどちっとも聞きません。

特に男の子はやんちゃですからね。

浜田家では母親が3回叱ってダメだったら父親が言うというルールを設けていたそうです。

まず子供を部屋に呼んで、「何で怒られたか言うてみろ」という風に原因を自分で分からせてから叱っていたと言われています。

ここでの重要ポイントとしては両親一緒になって叱ってはいけないということでした。

何故両親が一緒になって怒ってはいけないのか?

それは子供に逃げ道がなくなってしまうからです。

逃げ道がないというのは環境のせいにしてしまったりする性格になってしまうので、あまり良いことではないのですよ。

どんな時でも余裕を持たないといけないということですね。

この叱り方は本当に偉いと思いますよ。

 

まとめ

過去に浜ちゃんは浮気をされたりはしていますが、父親としてはとても優秀と言っても過言ではないでしょう。

確かに浮気をするのは良くないことではあるのですが、有名芸人なのでそこは仕方がないのかもしれません。

2人の子供は幼いながらも良い夫婦、自分達の理想の夫婦であると語っていたそうですよ。

浜ちゃんの家庭に生まれたかったと思う方は多いかもしれませんね。

本当に子育てって自分の思う通りには行きませんから嫌なこともあると思いますが、旦那さんをまず敬うようにさせないと話にはならないでしょう。