芸人

ブラマヨ吉田のブツブツの原因!過去の苦労話と笑い話

ブラックマヨネーズはメディアに出るようになってから、色んな人に見られるようになりました。

Ⅿ1王者になった時ははげとブツブツのコンビであるというほど、自分達で自称されていましたからね。

テレビではちょっとわかりにくいかもしれませんが、吉田さんのブツブツは普通とはかなり違うブツブツです。

ネットなどの写真を見るとお分かりになるかと思いますが、月面のクレーターもしくはミカンやゴーヤのような肌なんですよ。

そもそも吉田さんは何でこんなお肌になってしまったのか?

それらを含めて徹底的に暴いていきましょう!

吉田さんのお肌は先天性のものではありません。

ブラマヨ吉田の肌は病気?

中学生当時吉田さんはニキビに悩まされていました。

これは吉田さんだけではなく、思春期の方であればニキビに悩まされる方はたくさんいたでしょうね。

私の学生時代もニキビができている男性は多かったですよ。

吉田さんが現在のような肌になってしまったのは、突起物のあるローラーでつぶしてしまったというのが原因です!

顔のコロコロローラーってありますよね?

あれに針が付いたもので、ニキビをつぶしたと思って下さい。

どこのメーカーは知りませんが、ーマローラーというものではないでしょうか?

ダーマローラーというものを使用して以降、吉田さんの肌はあのようなお肌になってしまったのです。

ニキビをつぶしてしまう方もいるのですが、ニキビはつぶしたら痕が残ってしまうのでやめましょう。

ケアを失敗してしまうと、吉田さんのようなクレーター肌になってしまうのです。

確かに手っ取り早くニキビはつぶせますが、洗顔や睡眠時間などをしっかりとる事で改善されます。

吉田さんの肌は先天性のものではなく、病気でなってしまった肌ではありません。

元々アレルギー肌でもあるため、他の方よりも内臓が弱いレベルである事は間違いないでしょう。

吉田さんの食物アレルギーは甲殻類だけではなく、ほとんどの食物で出ると言われているので、調子が悪い時は何を食べても肌荒れが出てしまうのです。

ブラマヨ吉田の現在の肌!病名とクレーターの裏事実!ブラマヨことブラックマヨネーズがメディアに知れ渡るようになったのは、今から15年くらい前の事です。 当時はお笑いブームだった事もあ...

①ブラマヨ吉田のニキビの原因

思春期の頃ニキビができやすい方いるのですが、原因を追究してみました。

ニキビが出来る方は男女共に個体差はありません。

大人が出来るニキビと変わらないようです。

原因としては睡眠不足、食生活が不規則、ストレス、肌の成長期などによります。

一説では男性ホルモンが多くなると皮脂がめちゃくちゃ出るため、毛穴が詰まりやすく汚い肌になってしまうんですよ。

改めて考えてみると、自分の中学時代にニキビができていた人は、毛穴が確かにテカテカしておられましたね。

男性ホルモンを多く受信されている方は、ニキビができやすい可能性が高いです。

それ以外に吉田さん自身、食物アレルギーや金属アレルギーである事からニキビが倍増してしまった可能性も考えられます。

元々ニキビは内臓に異変があるという信号でもあるため、それが表面化したものとされているのですよ。

チョコレートなどの刺激物ばかり食べているような方が肌荒れしやすい原因はそれです。

学生時代は普通のニキビであったと思いますが、大人になってからストレスで出来てしまう粉瘤にも侵されていた事があるので、当時からストレスを受けやすい体質であったとも言えます。

体質を改善すれば治す事は可能です。

ブラマヨ吉田の結婚生活!おかんと断捨離と小杉の存在今から5年以上前、ブラマヨ吉田さんは元看護師の女性と結婚をされました。 芸能人ではなく、一般人の女性のようですね。 しかもで...

②ニキビの治し方

ニキビの治し方は大人と変わりません。

学生時代は勉強や環境の変化によって、ストレスを受けやすいともいわれています。

普段通りに行動していれば大丈夫ですよ。

1日2回の洗顔、1週間に1回程度のスクラブ、睡眠はしっかりとる事が重要です。

テスト期間があると、睡眠時間を削ってしまう方も多いので無理はないかもしれませんが、通常時は早めに寝ましょう。

よく学生時代に俺は寝ないんだとカッコつけるような方がいましたが、はっきり言いますと体に悪いだけなので何にもカッコよくありませんよ~。

ダーマローラー

吉田さんが学生時代購入されたダーマローラーなるものを調べてみました。

もしかしたらインチキ商品なのでは?と思ったのですが、これは使い方の問題にあったようですね。

本来は医療機関でないと使う事をおすすめしないローラーなのです。

ダーマローラーとは細かい針が付いたローラーになります。

肌に穴を開ける事によって、自己再生を促し皮膚の再構築を行うんですよ。

悪い物ではないのですが、セルフで使用してしまうと吉田さんのようなお肌になると思って下さい。

吉田さんはダーマローラーを使用したが、その後のケアをちゃんとしていなかったのが原因でしょうね。

ダーマローラーは使用後肌の保湿をしっかりしなければいけない、紫外線対策を行う、使用前に綺麗な肌にしなければなりません。

そして極めつけは金属アレルギーや全身疾患のある方はやってはいけないという事ですね。

吉田さんご自身金属アレルギーや、食物アレルギー保持者なので、ダーマローラーの治療法には向かない人材であったという事がご理解いただけるでしょう。

何回ダーマローラーをしたのかは言われていませんが、もしその後もやっていたら細菌が入りやすい状態となるのです。

どのダーマローラーを使用されたかは分かりませんが、中には粗悪品も存在します。

こういうものは感染症のリスクも高いので、皮膚科に行った方が手っ取り早かったでしょうね。

セルフでやろうとされている方は気をつけてください!

お肌の苦労

吉田さんは学生時代弓道部でした。

弓道部で練習している時、弓でニキビをつぶしていたという話があります。

当然ですがそんなものでニキビをつぶしたら感染症になって当然ですよ。

自業自得以前の問題でしかないでしょう。

また野球をしていた際、スライディングをすると小石が顔のブツブツに入ってしまった事があるそうです。

普通の人ならそんな事はとても考えられないのですが、吉田さんのクレーター肌の深さはそれほどひどかった事が伺えます。

自力でクレーターから小石を取り除けなかったため、家の車のミラーを使って爪楊枝で小石をかきだしたとされています。

これについて語っている所を見たのですが、本当に屈辱的だったと吉田さんが言っていました。

何故皮膚科に行かなかったのでしょうね?

吉田のとんでもない肌

吉田さんのブツブツは顔だけではなく、お腹や色んな所にもブツブツがあるとされており、相当大変だったといいます。

大人になってからもブツブツで苦労されたお話をいくつかご紹介致しましょう。

①緑色の液体

原因は明かされていませんが、吉田さんは以前首に大きなできものが出来てしまい、看護師をされているお母さんの病院で切開手術をされたそうです。

ストレスなどが原因でおこる粉瘤にもかかっていた事がある吉田さんですが、粉瘤ではちょっと考えにくいですね。

切開時お母さんも立ち会っていたそうなのですが、吉田さんのできものから緑色の液体が飛び出してきて思わずはいてしまったというネタを披露されていました。

ここで気になるポイントをアップさせて頂きましょう。

緑色の液体というのは、膿が溜まっており相当ばい菌だらけである事を示しています。

通常は白い膿が多いのですが、緑色になるという事は相当ひどかったという事です。

そして看護師であるお母さんが吐くほどのものというのが、ひっかかります。

筆者は昔医療機関で働いていた事があり、毎日患者のケアで血液や色んなものを見る事が多かったのです。

正直見慣れているしそこまで何も感じないくらいですが、ただ看護師であるお母さんが吐くくらいなので真緑の膿だったのではないでしょうか?

普通ですとそんな事はあり得ません。

②涙がまっすぐ落ちない

アメトークのお酒大好き芸人で語られていましたが、当時龍馬伝の大河ドラマにハマっていた吉田さんは1人でお酒を飲みながら泣いていました。

その時に名言として出たのが、「涙がまっすぐ落ちない」というものです。

普通は涙ってぽたぽた落ちますよね?

しかし吉田さんのブツブツは月面クレーターさながらのものなので、まっすぐ落ちないどころか、穴に入ってしまうのだそうです。

端から考えたらありえない話なのですが、とても気になります!

吉田なりの肌への試み

実は吉田さんブツブツを改善させようと何とかしていた事があります。

どこのエステに行かれていたかは分かりませんが、一時エステに通われていた事があると話していました。

エステは確かに綺麗にはなりますが、医療機関ではありません。

そもそもの状態が良くならない限りはどうしようもないので、今のお肌を見て分かるように効果がなかった事を表しています。

吉田さんがブツブツを何とかしようとした話をお伝えしていきましょう!

①パフ

吉田さんは以前メディアに出る前に、ファンデーションを厚塗りされていた事を明かされていました。

実は昔から吉田さんを見ていたのですが、正直そこまでひどくはないのにと思っていたのはこれが原因だったのかもしれません。

ファンデーションで厚塗りをしているとマシになるからです。

よほど気にされていたのか、どっきり企画か何かでメイクさんにやってもらう時、自分専用のファンデーションがあると話されていました。

しかも相当こだわっているので、女性以上に並々ならぬものを感じましたね。

ちなみに吉田さんが使用されていたファンデーションのパフを専門家の方に調べてもらったら、大腸菌が混じっている事が発覚しました!

これは女性ならお分かりかと思うのですが、定期的に自分のメイク道具やブラシは清潔にしておかないと菌が溜まってしまうのです。

大腸菌が混じっているというのは正直ありえないですよ!

これはもしかしたらですが、結婚される前の吉田さんの家は物凄い汚部屋だった事もあり、検査をしたら色んな菌が見つかっていました。

そんな状況で化粧なんてしても当然何かしらの菌が付着している可能性は高いのです。

掃除をロクにしていなかった方が、メイク道具を清潔にしているとは思えません。

②ドクターフィッシュ

10年以上前に流行ったのですが、ドクターフィッシュというものをご存知でしょうか?

人間の皮膚の角質を食べてくれるという、素晴らしい魚なのです。

日本ではそうそうお目にかかる事はないのですが、大阪にある有名な温泉のスパワールドの中にはありますよ。

昔私もやってみた事があるのですが、このドクターフィッシュは足を付けるとめちゃくちゃ自分の元に寄ってきてくれます。

食べると言っても痛くもなんともなく、むしろちょっとくすぐったいくらいなので問題はありません。

かなり昔ロンドンハーツという番組が絶世期だった頃、何かの企画で吉田さんがドクターフィッシュに顔を綺麗にしてもらうというものがありました。

クレーンにつるされた吉田さんをドクターフィッシュがたっぷり入った水槽に顔だけ付けるというものでしたね。

肌荒れを治そうと試みたそうなのですが、残念ながら治る所かその後ドクターフィッシュが1匹しんでしまいました。

ドクターフィッシュが死ぬって相当菌が強すぎなんだなと思っていましたが、パフの一件もあるので本気で大腸菌やらなんやらに侵されていたのでしょう。

田村淳1人でもロンドンハーツは深夜枠で絶好調!?それとも降板?ロンドンハーツと言えば20年近く前から人気がある番組でした。 当時はゴールデンタイムで放送されており、過激すぎる内容で若者から人気...

吉田はスター

吉田さんは他の方にはない圧倒的なブツブツをお持ちです。

ブツブツ界のスターという言い方は悪いように聞こえるかもしれませんが、色んな意味で一般人に希望を持たせてくれたと言っても過言ではないんですよ。

実際吉田さんのようにブツブツで悩んでおられる方というのはたくさんいますからね。

吉田さんを見て元気をもらうという方もいました。

ただ若い方は吉田さんのブツブツに対して、嫌悪感を持つ方も少なくありません。

私もその1人でした。

今では素敵だと思いますが、あのブツブツがとても嫌でしたね。

ただそれは当時好きではなかっただけで、現在は特に気にならないです。

自分がもし吉田さんほどではないですが、ニキビ肌になった場合人の事が言えません。

ニキビなんて誰でもなりますし、むしろならない人はどんだけ超人!?としか言いようがないですね。

現在吉田さんはお嫁さんと結婚して幸せになっているため、結婚前檻も肌や表情がずっと良くなったような気がします。

幸せになると人はここまで見違えるものかと思いましたね!

本当にブツブツ界のスターと言えます。

①ブラマヨ吉田の肌は治療出来る?

吉田さんの肌は治療可能です。

ただ肌は治療できると言われていますが、莫大なお金と治療期間に半年以上かかると言われているので実現は難しいかもしれません。

現在お嫁さんのお陰でマシにはなった吉田さんですが、完治している状態ではないのです。

ちゃんとした治療をするためには大きな病院に行って、治療をする必要があります。

むしろ何故今まで行かなかったのか、本当に不思議ですね。

もしかしたら吉田さんはドケチなので病院に行くお金を渋っていた、行くのを面倒くさがったという可能性も考えられます。

こういう方はたまにいるのですが、肌を良くしたければ若いうちに治しておいた方が良いのですよ。

今の医学でも治る可能性はあるのですが、吉田さんが今そこまでして治したいのかにもよりますね。

まとめ

吉田さんのお肌は先天性のものではありませんが、よく女性からあんな肌の人と結婚するのは無理とか言われていました。

女性は遺伝などにこだわる方も多いのですが、吉田さんの肌は自分でやってしまっただけなので問題はありません。

受け入れるか受け入れないかの差ではないでしょうか?

ただ学生時代のニキビだけではなく、ダーマローラーを現在使用されている方は本当に気を付けないと吉田さん並みの肌になってしまうと思って下さい!

マスク・除菌・抗菌『3つで徹底対策』

マスク・除菌・抗菌のことは
「打倒コロナ!応援情報」
ご相談ください

ウィルス対策室