歌手・アーティスト

ゴールデンボンバー歌広場淳やメンバーの名前の由来は?

ゴールデンボンバーが人気急上昇中だった頃、色んな番組に引っ張りだこでした。

その時番組を見ていた方は、当人達が何故その名前になったのか?を話していたのでご存知かもしれませんね。

鬼龍院翔さん、喜矢武豊さん、歌広場淳さん、樽美酒研二さんの名はどのようにしてつけられたのか?

そもそも彼らの役割は何なのか?もファン目線で詳しくお伝えさせて頂きます。

ゴールデンボンバーとは?

ゴールデンボンバーをご存知でしょうか?

2013年大ブレイクされたビジュアル系エアーバンドです。

そう、名前の通りエアーであるため、楽器を一切弾いていないバンドなんですよ。(笑)

エアーバンドだけに、ライブ中のパフォーマンスがあまりにも面白いと話題になったのです。

筆者も大ブレイクされた時からのファンだったので、ゴールデンボンバー好きの友達と一緒にライブへ行ったりしていました。

歌広場淳は相葉雅紀そっくり?ゴールデンボンバーのすっぴんとは?ヴィジュアル系バンドは物凄くメイクが濃いです。 女性以上にメイクが濃く、がっつりメイクをされている人がいます。 テレビでも時...

ボーカル鬼龍院翔

鬼龍院翔さんの名前の由来は、鬼龍院にしたら格好いいのではないか?ということで決めたのだそうです。

あと名前3文字の方が格好いいのでは?という気持ちもあったため、鬼龍院とされたそうです。

ちなみに本名は『一浦翔』という名前の可能性がたかいみたいですね。

そもそもゴールデンボンバー全員名前だけは本名であることは明かされています。

今の所分かっているのは鬼龍院さん、淳くんのみですね。

①鬼龍院翔の役割

ゴールデンボンバーのリーダー、そして作詞作曲されているのは鬼龍院さんです。

他のメンバーは楽器がひけないのですが、鬼龍院さんのみは楽器が弾くことが出来ます。

パソコンで曲を作っておられるため、実際ライブの時に流しているのはiPodで流しているそうですよ。(笑)

ギター喜矢武豊

喜矢武豊さんの名前の由来は、友達に喜矢武という名前の方がいたので、それを拝借されたと話しています。

喜矢武(キャン)という名字は沖縄県の名字で、本当に存在しているんですよ。

ちなみに喜矢武様は沖縄県出身でも何でもなく、東京都出身の方です。(笑)

鬼龍院さんもそうですが、喜矢武様も名前が格好いいなと思って付けた名前でした。

①喜矢武豊の役割

当初は鬼龍院さん、喜矢武様の2人でバンドをされていたのですが、元々本当にギターを引いていたのです。

ただ喜矢武のギターがあまりにもドヘタクソ過ぎて、鬼龍院さんから「ギター弾かなくて良いよ」と通告されてしまったんですよ。(笑)

ギターが弾けないのですが、手先が器用なためライブに使う小道具を作成しています。

喜矢武様はゴールデンボンバーのパフォーマンス担当でもあるので、喜矢武様がいなければここまではならなかったでしょう。

②破天荒な喜矢武豊

個人的にはこの方ほど破天荒な人物はいないと思っております。

喜矢武さまのパフォーマンスに関してはどれもド肝を抜くものが多いですね。

喜矢武豊のパフォーマンス

○自転車で川にダイブ
○溶接
○自分自身が筆となり書道
○パンツ一丁で熱湯風呂
○スイカ早食い(その他もあり)
○全身金色になる

ダチョウ倶楽部や志村けんさんの十八番芸を物とされていますね。(笑)

筆者的に自称破天荒芸人を名乗られていた吉村崇さんよりも、間違いなく喜矢武さまの方が破天荒ではないでしょうか?

溶接のパフォーマンスに関しては、けんじっちと一緒に免許を取りに行ってましたね。(笑)

喜矢武さまに関してはマジでバンドマンかよと突っ込みたくなります。

ベース歌広場淳

淳くんの名前は場所にもよりますが、由来はまんまですね。

カラオケ店の『歌広場』から取られているそうです。

何故そんな名前にしたのか?というと、ゴールデンボンバーのお客さんは女性ばかりであるため、親しみをもってもらおうということで歌広場としたと話していました。

ただ筆者は関西県民なのですが、歌広場という名前ではなくジャンボカラオケ広場という名前なので全くわからなかったです。

多分地方の人には由来が一番分かりにくい名前かもしれませんね。(笑)

①歌広場淳の役割

淳くんの役割に関しては他のメンバーと異なり、特にありません。(笑)

以前『堂本兄弟』という番組で出演されていた時にざっくりといわれてましたね。(笑)

淳くんの正確な役割はパフォーマンスと盛り上げ担当、そして振り付け担当です。

淳くんは元々ヴィジュアル系に一番関心のあるメンバーで、他のメンバーよりもヘドバンが得意でした。

現在はドクターストップがかかってしまっているため、飛んだり跳ねたりするパフォーマンスが多いですね。

ゴールデンボンバー歌広場淳の仕事はバンド活動よりもタレント業!?2013年世の中を笑いに包み込んだお笑いヴィジュアル系バンドゴールデンボンバー。 最近はブームほどテレビの露出は減っていますが、時...
ゴールデンボンバー歌広場淳は日本大学出身で実は頭が良い!?ゴールデンボンバーと言えばお笑い系のビジュアルエアーバンドとして世間では有名です。 2013年に大ブレイクした彼らではありますが、...

②歌広場淳は常識人でツッコミ役

月間ゴールデンボンバー』という月に1回のみのニコニコ動画の番組では、よく淳くんが他のメンバーのツッコミをしています。

喜矢武さま、けんじっちがボケ、鬼龍院さんと淳くんがツッコミという感じですね。

破天荒さが目立つ喜矢武さまやけんじっちの対応をしているのは、主に淳くんでしょう。

他のメンバーから何も出来ないという風にボロクソに言われていますが、色んな人に突っ込む時は冴えわたっていますね。(笑)

鬼龍院さんも突っ込むのは突っ込むのですが、そのまでガツンと言っている訳ではないため淳くんがいないとしまらないことが多いんですよ。

ゴールデンボンバーのようにお笑いもプラスされているバンドの場合は、1人くらい常識人がいないと話が進行していきません。

③歌広場淳はマッサージが得意

役割で良いのか物凄く微妙な所ではあるのですが、淳くんはマッサージが得意らしく時々ブログに記載されていることがあります。

ゴールデンボンバーのマネージャーさんや色んな方に、よくマッサージをしてあげていると話していました。

堂本兄弟』で高橋みなみさんにマッサージをしてあげたのですが、女性に触れることがないためかめちゃくちゃ緊張されていたのが笑えましたね。(笑)

ドラム樽美酒研二

けんじっちの名前の由来は他のメンバーよりも一番分かりやすいと思います。

メジャーリーガーのダルビッシュ有選手から名前をもらっているのだそうです。

理由としては当人曰く、名前をダルビッシュにしたらモテるのではないか?ということでした。

確かにインパクトもあるし地味に覚えやすい名前ではあるのですが、樽美酒と呼んでいる方はけんじっちのことをあまりご存知ない人ばかりかもしれません。

ファンは樽美酒とは言わず、研二やけんじっちもしくはけんじさんと呼んでいます。

①樽美酒研二の役割

けんじっちの役割は喜矢武様同様パフォーマンス担当です。

そしてPAとしての役割もあります。

PAとは?

音楽や音量を調整しスピーカーからお客に向けて伝達する

メンバーは楽器を弾いている訳ではないので、iPodで曲を流しているのです。

けんじっちがPAの役割もしている理由は、ドラムなので隠しやすいからみたいですね。

ライブに行っている方はご存知かと思いますが、本来のセットリストとは違う曲が流れることがあるんですよ。

実はPAの役割を持ってはいるものの、時々曲をかけ間違えちゃうといっていました。

何せライブ中はすごい汗なので、iPodが滑っちゃうんですよね。(笑)

②メンバー1イケメンな樽美酒研二

イロモノ系として見られているけんじっちではありますが、実はめちゃくちゃイケメンなのはご存知でしょうか?

これは結構話題になっているので、何となく知っている方もいそうですね。

Instagramなどにアップされているように、けんじっちはメンバーの中でガチのイケメンです。

白塗りにされている理由としては、けんじっちの前任の方が白塗りをされていたからという理由でした。

ほとんどはSNSで微妙に素顔をさらしているけんじっちではあるのですが、2012年のライブのパフォーマンスでファンのまえにすっぴんで登場されたことがあるのです。

筆者もすっぴんを拝見させて頂いたのですが、ベビーフェイスで爽やかなイケメンでしたね。

個人的にけんじっちがすっぴんだと他のメンバーが目立たなくなってしまうため、白塗りの方が良いかもしれませんね。

それに実はあの人はイケメンっていうのを含んでいると興味を持ってくれる方が殖えるのは間違いありません。

ゴールデンボンバー歌広場淳や樽美酒研二の筋肉は女性を魅了しているゴールデンボンバーと言えば2013年大ブレイクしたお笑い系ビジュアルエアーバンドです。 楽器が演奏できないという風に世間で話題にな...

③樽美酒研二は飛び抜けてバカ

けんじっちの役割としてはパフォーマンスの際、自ら率先してヌーディストになることですね。

そのため他のメンバー以上に脱ぎ率は高いです。

バラエティー番組でゴールデンボンバーの結成秘話について話していましたが、オーディションの際メンバーはある質問をしました。

公共の場で服を脱ぐことできますか?

この質問に関しては、必要ならという回答をした人が多かったそうです。

しかしけんじっちだけは違いました。

裸…ですか。正直……自信があります!

ドヤ顔でこの言葉を放ち、メンバーから気に入ってもらったという逸話の持ち主です。(笑)

そう、けんじっちがパフォーマンスの際にヌーディストになるのは、そういう理由だからでもあります。(笑)

ちなみにけんじっちが好きな人は、変な人が多いそうですよ。

ゴールデンボンバーのマネージャー

せっかくなのでゴールデンボンバーを影で支えてくれたマネージャーをご紹介しましょう。

2名おられるのですが、現在もマネージャーを継続されているかはわかりません。

Tマネージャーこと所恵美さん、Sマネージャーこと瀬川夫美子さんです。

2人はゴールデンボンバーのライブにも登場されていたこともあるため、ファンは全員ご存知でしょう。

ゴールデンボンバーマネージャーの詳細

◎所恵美:ユークリッドの別会社の社長
◎瀬川夫美子:2016年に結婚

ゴールデンボンバーを長く支えてくれたマネージャーさんは、現在も一緒に行動されているわけではないそうです。

Tマネージャーさんに関しては、『金爆一家』という番組で4人の母親役を演じておられたので、認知度は高いマネージャーさんでしょう。

まとめ

ゴールデンボンバー自体お笑い系のグループであるため、名前の由来の根本はほぼモテたいという下心が含まれています。(笑)

ドストレートにいっておられるのはけんじっちだけかもしれませんが、分かりやすくていいですよね。

由来はともかく名前に関してはインパクトがありすぎるので、その変も彼らの魅力と言えるでしょう