歌手・アーティスト

ゴールデンボンバー歌広場淳の飲食店が営業停止?その理由とは?

今現在ゴールデンボンバーのメンバーの中で、最もメディアに出演されているのは歌広場淳さんかもしれませんね。

メンバーの中で1番何もしていないと言われている淳くんですが、5年くらい前飲食店の経営をされていたことはご存知でしょうか?

ファンは全員知っていると思いますが、結構早い段階でお店を営業中止にされています。

一体何故営業中止にしてしまったのでしょうか?

歌広場淳は経営者だった

淳くんは5年ほど前自分でお店を立ち上げていました。

他のメンバーとは一切関係なく、自分の趣味思考で立ち上げたお店です。

View this post on Instagram

帰り道🤗

A post shared by 歌広場 淳 (@uta830jun) on

現在33歳になるため、28歳頃にはお店を立ち上げていたんですね。

経営者になるにはお金がかかるのですが、淳くんお金があったのでしょう。

フルーツパーラーオータムリーフ

淳くんはフルーツパーラー『オータムリーフ』というお店を営業されていました。

秋葉原にあるお店で、店名も秋葉原にちなんでつけられたそうです。

2013~2016年まで営業されていました。

どんな飲食店だったのかご紹介していきましょう。

①オータムリーフは女性向け

オータムリーフは女性向けのお店です。

ゴールデンボンバーのお客さんが来店しやすいのと、元々淳くん自身のガーリーも含め可愛らしいお店として仕上がっていましたね。

フルーツをふんだんに使用したフレンチトーストが売りでした。

店員はプロデューサーである淳くんの趣味によって、イケメン店員ばかり揃えられていましたよ。(笑)

淳くんブログでは「お客さんにビタミンを補給してほしい」ということを記載されていました。

②オータムリーフリニューアル

オータムリーフは2014年、『オータムリーフⅡ』としてリニューアルオープンとしました。

何故早い段階でリニューアルオープンをしたのか?という理由ですが、来店されたお客さんのマナー違反だったり、オープン初日にファンが押し寄せすぎて営業ストップしてしまったり、食べログなどの評価サイトのレビューが低評価だったという理由でした。

お客さんのマナー違反はデマだと淳くん自身訴えておられましたね。

オータムリーフには有名人が来客

オータムリーフには何名か有名人が来店されたことがあります。

メンバーではドラムの樽美酒研二さんが訪れました。

この時はあの歌舞伎メイクではなく、すっぴんの状態で来られたそうですね。

①声優安元洋貴

意外すぎることに、声優の安元洋貴さんが来店されたそうです。

Twitterにもアップされていたので、ガチ来店されたことは驚きました。

声優安元洋貴のキャラ

◎鬼灯の冷徹:鬼灯
◎黒執事:アグニ
◎ダンガンロンパ:弐大猫丸

渋目の声で女性を魅力される有名声優さんです。

時々安元洋貴さんのTwitterで名前が出て来たり、一緒にご飯食べに行ったりしているようですね。

営業を中止した理由とは?

結局オータムリーフは3年ほどで閉店してしまいました。

リアルタイムでブログを見ていたので知っていたのですが、まさか閉店するとは思わなかったですね。

1回目はリニューアルでしたが、2回目すぐに閉店するなど誰が考えたでしょうか?

閉店した理由に関して、正直想定しておかないといけないことだったのかもしれません。

①ゴールデンボンバーの活動が忙しくなった

2015年の時点でもうすでに、オータムリーフには全く関われなくなってしまったと言われています。

View this post on Instagram

収録に行って参りました📸✨✨

A post shared by 歌広場 淳 (@uta830jun) on

ゴールデンボンバーが売れだしてきたのは2012年頃でしたから、無理もないでしょう。

売れている今だからと思ったのかもしれませんが、自分の店なのにほとんど関われなくなってしまったので継続が困難だと判断され閉店してしまいました。

これはちょっと先読みしていないと難しいかもしれませんが、他のスタッフに迷惑がかかることは目に見えていたのでどうなるかを想定していなかった淳くんの判断ミスですね。

歌広場淳はマーケティングを理解していない?

淳くんブログにはいつも和気あいあいとしている、働いているスタッフも楽しく働いてくれている良いオーナーのように言われていました。

経営者の方だけでなく仕事をする上で知っておかなければいけないことは、マーケティングです。

マーケティングとは簡単に言うと、お客さんが何を求めているか?ということになります。

これを理解しておかないと、どんなに良い立地条件であっても上手くは行きません。

①オータムリーフ元スタッフのブログ

オータムリーフで働いていたスタッフのケビンさんという方が、このようなことを記載されていました。

ケビンのブログで分かったこと

◎研修期間1ヶ月無償勤務
◎知り合いに曲を作らせるという甘言でスタッフを乗せたが、突然キャンセルしその後何のフォローもなかった
◎レスポンスが返って来なかった

ケビンさんの手記はあったのですが、あまりにも長文であるためとりあえず問題点をまとめさせて頂きました。

ケビンさんの話の中ではプロデューサーという言い方をされており、恐らく淳くんのことだと思われます。

筆者的にあることに気が付いたのですが、「知り合いに曲を作らせる」という部分。

これ少し引っ掛かりませんか?

ゴールデンボンバーは交流関係がそれなりに広いのですが、気軽に曲を作ってくれる人って、まさかとは思いましたが鬼龍院翔さんのことかもしれません。

淳くんが気軽に頼めるとしたら、鬼龍院さん以外にはいないでしょう。

ただこのケビンさんという方の言っていることが本当なのかはわからないです。

②歌広場淳は経営者として向いていなかった

筆者はゴールデンボンバーのファンなので淳くんのことはよく知っております。

残念ながら淳くんは上にたつ人物ではありません

理由としては性格的に向いてないんですよ。

淳くんは他のメンバーよりも口数が多く良いことを言おうという意識が強いのが見えています。

ゴールデンボンバーは気楽な存在として、対等に物を話せる関係です。

しかし部下となると相手の気持ちを考えられず、自分の考えが正しいという方が本当に多かったりします。

お客さんのことも大切ですが、働くメンバーの気持ちを尊重させないとぐだぐだになってしまうものなんです。

まだ若かったし、若気の至りとしか言い様がありませんね。

元スタッフケビンさんのブログの内容が正しいとは判断ができませんが、正直プロデューサー不在の状態だと無理でしょう。

ゴールデンボンバー歌広場淳の仕事はバンド活動よりもタレント業!?2013年世の中を笑いに包み込んだお笑いヴィジュアル系バンドゴールデンボンバー。 最近はブームほどテレビの露出は減っていますが、時...
ゴールデンボンバー歌広場淳が格闘ゲームのeスポーツに参戦!?ゴールデンボンバーの歌広場淳さんが、ここ最近話題になっているeスポーツの格闘ゲーム部門に参加されました。 動画にも取り上げられめち...

タレントがやる飲食店は流行らない!?

淳くんのお店は繁盛していたのでまだマシな方ですが、正直タレントがやる飲食店って残念な結果に終わってしまうんですよね。

淳くん以外にも飲食店経営をされている所は多いのですが、最終的にはあまり良い結果となっていません。

そもそもタレントが飲食店経営をすること自体、なめている部分がありますけどね。

①何故タレントが飲食店をすると潰れる確率が高い?

普通の飲食店でも難しいことです。

飲食店経営というのはそんな簡単な話ではありません。

資格さえあれば誰にでも飲食店は経営出来るかもしれません。

しかしタレントが飲食店をやって上手くいくのはごくわずかです。

芸能人の飲食店経営成功者

◎当時から料理を作っている人
◎人気や知名度が高い
◎営業戦略を理解している

料理研究家の栗原はるみさん、元力士の方々のお店であれば一般人でも行こうという気にはなるというのが大きいですね。

元力士の方がちゃんこ屋さんを経営されていることが多いのですが、力士はちゃんこ番というものがあり下っぱの頃にちゃんこを手作りしているのです。

部屋によっては女将さんがちゃんこを作るそうなのですが、ほとんどは力士さんが作るのが当たり前なんですよ。

営業戦略とはまさにそういう所です。

元々料理をしていた方であればともかく、大半は売れなくなったからとりあえず飲食店だせば売れるという考えの方が非常に多いんですよね。

②たむらけんじなどの悪い例

一番飲食店経営者として悪目立ちされていたのは、芸人のたむらけんじさんでしょうね。

10年ほど前たむらけんじは焼き肉店『焼き肉たむら』をオープンさせました。

当時は売上もとてもよく、色んな番組で宣伝されていましたね。

筆者の地元は関西で焼き肉たむらはよく見かけましたが、一度も入ったことはありません。

理由としてたむらけんじさんが好きではないからです。

物珍しさに最初は通っている人も多かったのですが、あまりにも宣伝がしつこかったため視聴者的にはうんざりしてしまったんですよね。

それに加えたむらけんじさんの浮気、食中毒騒ぎも重なり、更には上手くいかなくなってしまったからといっても経営放棄される部分が目立ってしまっていました。

こういうこともあってタレントが飲食店経営されるのを嫌がる方が非常に多いんですよ。

③インパルス堤下敦は飲食店を考えている

2019年『水曜日のダウンタウン』のどっきりで、インパルスの堤下敦さんが飲食店経営を考えていると発言されていました。

堤下敦さんは居眠り運転などの不祥事を起こしており、更には他の芸人仲間やスタッフに対して偉そうにしていたことなどもあったため、好感度は暴落している状態です。

仕事がないから飲食店を経営しようかと考えている

実際堤下敦さんだけではなく、ほとんど売れなくなってしまったタレントほど、飲食店に走りたがるような方が多いのですが、当然成功はしないでしょうね。

嫌いはタレントにお金を払ってまで食べたいと思いますか?

またそんな心持ちの人間の料理は絶対に価値などありません。

④歌広場淳の場合

現在マルチタレントとして活躍されている淳くんですが、将来のことを考えて飲食店に手を出したことは見え見えでした。

実際バラエティー番組に出演されていた時に言っていたのですが、バンドがダメになったら別の道を考えてると話していたのです。

淳くんのコンセプト自体は悪くなかったのかもしれませんが、所詮そんなもんですよ。

他の経営者とはことなり、他で成功している分救われていますけどね。

まとめ

お店を経営するというのは簡単なことではありません。

先読み、マーケティングを理解する、スタッフとの信頼関係などが必要です。

正直タレントさんで出来る方はごく僅かでしょう。

自分の名前を出せば儲けが出るなんて思っている方もいますから、その辺が甘いんですよね。