歌手・アーティスト

初代セカオワハウスは大鳥居?現在のセカオワハウスは外観と内装のギャップがすごい

SEKAI NO OWARIのメンバーが一緒に生活するシェアハウス、通称セカオワハウスは、外観からは想像ができない内装に驚く人が多くいます。

この記事では、セカオワメンバーが共同生活をしている初代セカオワハウスから現代のセカオワハウスについて、場所やSEKAI NO OWARIメンバーの生活について紹介します。

セカオワハウスって何?そもそも何で一緒に住んでるの?

SEKAI NO OWARIは男女合計4人グループのロックバンドです。2010年にインデュースデビューをし、翌年の2011年にメジャーデビューを果たしています。

比較的若いバンドではありますが、その人気は留まることを知らず、今もなお人気は急上昇中です。

SEKAI NO OWARIのメンバー4人は1つ屋根の下で共同生活をしています。今ではもう有名な話です。

その共同生活歴はデビューする前からも合わせて10年以上です。

今現在SEKAI NO OWARIメンバーが住んでいる一軒家は通称セカオワハウスと呼ばれ、テレビなどのメディアに度々取り上げられ、外観からは想像できない内装に話題を呼びました。

SEKAINOOWARIメンバーはVo.Fukaseを中心に幼馴染の関係です。

1番付き合いの長いFukaseさんとSaoriさんの関係は幼稚園の頃から続いているそうです。

計り知れない関係値です。

ここで簡単なメンバーのプロフィールを紹介します。

Fukase

名前:深瀬慧

主にボーカルを担当し、過去には精神疾患を患う程の辛い過去を経験している。

高校は中退し、その後2年間留学する予定で渡米するも1か月もしない間にパニック障害が発症し帰国しました。

国内の精神病院の閉鎖病院に入院するほど精神上はよくありませんでした。

バンド名の旧:「世界の終わり」は世界の終わりのような日々から残されたのが、今のメンバーの仲間と音楽であったころから付けられました。

Saori

名前:藤崎沙織

主にピアノとコーラスを担当。メンバーの中で唯一の女性であり、男性のメンバーより歳は1つ下です。趣味は読書で好きなお酒はウイスキーです。2017年に俳優の池田大さんとの結婚を報告し、同じ年の8月には第一子を出産しています。

Nakajin

名前:中島真一

弦楽器・コーラス担当です。

ラーメンが好きでバンドリーダーです。

2017年には一般女性と結婚したことを報告しています。

DJ LOVE

DJ・サウンドセレクター。Fukaseさんと広告性の時に出会います。

ピエロのマスクが目印で現在は2代目として活動しています。

東京都大田区で同じ小学・中学校に通っていたFukaseさん・Saoriさん・Nakajinさんは高校で一旦別々の道を歩みます。

Fukaseさんが通っていた高校でDJ LOVEさんと出会い、後にSEKAI NO OWARIが誕生します。

Fukaseさんとの幼馴染という関係のため、いつでも集まれる環境でしたが一緒に活動できる音楽スタジオを共同出資で作り上げることがきっかけで共同生活が始まります。

セカオワの原点 初代セカオワハウスと言われるクラブ・アースの場所と見た目は?

今や多くのファンに指示を受けているSEKAI NO OWARIですが、そんな彼らにも苦労した時期がありました。

彼らには自由に活動ができる音楽スタジオを作る時期がありました。しかも当時はメンバーが集まっていませんでした。

そして、その時のSEKAI NO OWARIメンバーに十分な資金がありません。

そこでメンバーはそれぞれ200万の借金をし、計800万円かけて2006年に完成したのが、初代セカオワハウスとなる「club EARHE」でした。

住所は東京都大田区東糀谷4丁目7の30新井ビルです。最寄り駅は京急空港線の羽田空港から京急浦田行きの3つ目の大鳥居駅です。駅前から下町の方を徒歩10分歩く着きます。

外観を見たらわかるのですが、初代のセカオワハウスは古いマンションでした。

元々は印刷工場として使われていた地下室を音楽スタジオに改造し、昼はスタジオ、夜はメンバーの住まいとして活用していました。

最寄り駅は京急線の大鳥居駅です。

Fukaseさん・Saoriさん・Nakajinさんは東京都大田区出身なので3人にとっては実家のような感覚だと思います。

この初代セカオワハウスは内装は畳に障子と和風だったようで、現代のセカオワハウスのファンタジー感あふれる内装とはまったく違うようです。

現在のセカオワハウスは大豪邸?!外観からは想像できないその内装とは!場所は世田谷

2011年にメジャーデビューを果たし、日に日に皆の目にも止まるまで成長遂げたSEKAI NO OWARI。

そんな中でセカオワハウスもリニューアルすることになり、現在のセカオワハウスに引っ越すことになります。

新しいセカオワハウスは世田谷区にあり、自由が丘駅から徒歩8分の場所にあると言われています。

自由が丘の近くの住宅代で、大きな豪邸が数多く並ぶエリアです。

現在のセカオワハウスの元持主は三宅裕司さんです。

現在は地下に音楽スタジオを作り、他がメンバーの居住区となっています。

住所的に最寄り駅は九品仏か自由が丘、浦田の説がありましたが、Fukaseさんの過去の発言から自由ケ丘のエリアという事が判明しました。

このセカオワハウスは有名人の家にもかかわらずとてもオープンな家らしく、近所の子供がお絵かきしたものが散らかっていたり、

SEKAI NO OWARIメンバー以外にも知り合いの外国人が住んでいたりと、居住者の入れ替わりが激しいようです。

有名人の家にも関わらずここまでオープンなのはとても珍しいと思います。

セカオワハウスで近所からクレームが殺到するほどの宅飲みパーティー?ファンの押し寄せによる近所迷惑の真相とは?

SEKAI NO OWARIメンバーはお酒が好きな事でも有名です。

特にFukaseさんは大のお酒好きなようで、多くの人をセカオワハウスに連れてきてしまうそうです。

100人以上連れてセカオワハウスで宅飲みもしたことがあるそうです。

そこで気になるのがセカオワハウスの立地です。

閑静な住宅街として知れている自由ケ丘のエリアで100人以上も集まり宅飲みをしていたら、その様子は周囲に伝わりそうです。

過去の女性週刊誌には「セカオワハウスの連日の騒音で近隣住民が迷惑を被っている」という内容の記事が出たほどでした。

また騒音以外にもセカオワハウスの外観を探して、ファンらしき人が頻繁にうろつくことや、セカオワハウス近辺にはゴミが多いらしく苦情が後を絶たなかったそうです。

しかし、ゴミに関する苦情や騒音の件に関してもセカオワハウスの周辺に住んでいるという人からは「大袈裟な表現」と批判されていました。

当時の女性週刊誌には事実もあったが、一概にすべてが事実と判断はできなかったそうです。

セカオワハウスが近所から一概に嫌な目で見られているというわけではなさそうです。

そこで1つ気になることが、Fukaseさんの身体についてです。

当時は精神安定剤を飲んでいたためお酒を飲むこと自体が危険なはずです。

お酒を飲むときに休薬していたとしても、お酒を飲むことは大丈夫なのでしょうか?

現在はほとんど完治できている状態で薬を飲まなくても良いところまで回復しているので何もなかったようです。

偶然ではなく、他のメンバーの支えがあったからこそ何も起きずに済んだのだと思います。

有名になってしまえば、外では色々と気を使うはずです。宅飲みになるのをしょうがないです。

しかし、100人で宅飲みをしてしまえば相当賑やかになってしまうはずですから、結果として近所からは有名なお宅になっています。

共同生活はというのは1人暮らしとは別の困難があると思います。そんな中でも24時間一緒にいられる関係には羨ましいと感じる部分があります。

どれだけ親友や恋人といってもお互い距離感については気を付ければなりません。

長い間培ってきた絆で結ばれた関係だからこそ今の音楽を生み出せているのかもしれません。

最後に

今回は初代セカオワハウスと現在のセカオワハウスについて紹介しました。

初代セカオワハウスがなぜ生まれたのか?セカオワハウスの場所はどこ?といった疑問が晴れてたら幸いです。

私は内装だけにとどまらず、100人家に呼び宅飲みをするという事すらも現実味離れしている生活を送っているからこそ今の音楽ができているのと思いました。

現在SEKAI NO OWARIは「セカオワLOCKS」というラジオを行っているのでそちらでセカオワの最新情報を知ることができます。

他にも「音楽ナタリー」というニュースサイトにはSEKAI NO OWARIに関する最新ニュースが掲載されているのでこちらもチェックしてみてください。

マスク・除菌・抗菌『3つで徹底対策』

マスク・除菌・抗菌のことは
「打倒コロナ!応援情報」
ご相談ください

ウィルス対策室