歌手・アーティスト

セカオワ深瀬のイケメンの真相に迫る!深瀬がモテる5つの理由徹底解説

今回の記事では、SEKAINOOWARI・Fukaseさんについて記事を書いていこうと思います。

Fukaseさんはバンド内ではヴォーカルを務め、SEKAINOOWARI開設者でもあります。

そんなFukaseさんですが、色んな芸能人との熱愛的噂があります。

そんなFukaseさんはなぜモテるのか? なぜ、人気があるのか?

SEKAINOOWARIのFukaseさんについて、人々を魅了する理由を紹介していきます。

そもそもSEKAINOOWARIとは?

まずは、Fukaseさんが開設したセカオワについて紹介していきます。

SEKAINOOWARIは主にこの4人で構成されています。

Vo.Fukase

Gt.Nakajin

Pt.Saori

DJ.DJ LOVE

この4人はFukaseさんを中心に幼馴染という関係で、昔から仲が良かったそうです。

2007年にバンドを結成され、当時は「世界の終わり」という表記で活動していました。

バンドを結成する前からバンド活動を行うため、「Club EARTH」というクラブを制作しており、異例のバンドとして有名です。

そして、2010年にシングルで「幻の命」でインディースデビューを果たします。

このあとにアルバム「EARTH」をリリース。このアルバムは音楽性の高さが評価され、第三回CDショップ大賞の準大賞を受賞されています。

2011年にはシングル「INORI」でメジャーデビューを果たします。

そして、このタイミングでバンド名を「SEKAI NO OWARI」に変更します。

メジャーシングルの2ndシングルの「スターライトパレード」をきっかけに全国民からの人気を得ています。

SEKAINOOWARIは独特の世界観でレベルの高い音楽性はたくさんの人から評価を受けています。

その世界観はライブでも披露され、ライブのステージでは30メートルの木がたち、汽車が空中を走ったりと、ファンタジーの世界観を表現しています。

そして、その世界観を表現している本人がVo.Fukaseさんになります。

Vo.Fukaseとは?

名前:深瀬慧

生年月日:1985年10月13日

出身地:東京都大田区

血液型:B型

身長:168㎝

家族構成:父(エンジニア)、母(保育士)、妹2人

FukaseさんはSEKAINOOWARIのヴォーカリストでもあり、バンド内でのフロントマンとしての役割を果たしています。

昔はリーダーをやっていましたが、今はNakajinさんがリーダーをやっています。

ですが、なおもバンド内での象徴するとして有名です。

SEKAINOOWARI=Fukaseというイメージの人も多いと思います。

そして、そんなFukaseさんは様々な芸能人と噂があります。

歴代彼女

藤崎沙織さん(Saori)

幼稚園、小学校、中学校と同じ学校に通っていました。

中学校の時に2人はお付き合いをしていて、Fukaseさんは当時の事について以下のように発言していました。

中3からずっと、藤崎(Saori)が僕の恋人で、いつもふたりで一緒にいて。
同じ映画だったり、同じものをふたりで見ていろいろ話し合ったりしてて。
ただ一緒にご飯を食べる、っていうような関係を完全に超えていたんです。

 

現在は、Saoriさんと俳優の池田大さんと結婚をしましたが、その仲の良さは今も健在です。

きゃりーぱみゅぱみゅさん

ファッションモデル、アーティストとして活躍しているきゃりーぱみゅぱみゅさんとは2013年に付き合っていることを公式に認めました。

当時は芸能人同士のビックカップルとして話題を呼びました。

交際を隠さないスタイルの二人は、目撃例も多く自由なデートはできていなかったかもしれません。

そんな二人の関係も2015年の8月6日のTwitterの1つのツイートで終わりを宣言しました。

このツイートも当時は話題を呼び、テレビ番組にも取り上げられるほどでした。

また、Fukaseさんは別れたことを暗号で伝えたことで、より人々の間で話題にもなりました。

「WE BROKE UP」→ 「私たちは別れました。」という意味の暗号で2人の関係は終わりました。

益若つばさ

現在の彼女である益若つばささんです。

2015年の12月下旬にその関係が発覚しました。

今年で付き合ってう約4年になります。

しかし、2人の関係は終わってるのでは?という噂もされており、

その理由は、2016年に益若つばささんのインスタからFukaseさんに関する画像が削除されていることによりその噂は立ち始めます。

それから、2人関する情報が一切ないことから、付き合ってることすら怪しいと今でも言われています。

去年のFukaseさんの誕生日に結婚するのでは?という噂もありましたが、結局、結婚の報道もありませんでした。

Fukaseの女癖と過去の浮気の経験は?

Fukaseさんはこれまでの女性と最低でも2年以上は交際しています。

既婚者に聞いたアンケートによると、結婚までの交際期間は平均で1年半です。

Fukaseさんの浮気については、メディアが発展した今の現代においても一切情報としてありません。

交際期間も平均より長く、浮気をすることもない誠実な人ということがわかります。

ただ、Fukaseさんは性格上、シモネタが好きです。セカオワロックスというラジオでもシモネタの頻度が他のメンバーより高いです。

この少しのエロい要素も異性にモテるポイントかもしれません。

つまり、純粋な生真面目という性格ではないようです。

セカオワFukaseが人々を魅了する理由

イケメンの顔

Fukaseさんを見れば一目瞭然ですが、顔がイケメンです。

ただのイケメンではなくかなりのイケメンだと思います。

様々なバンドマンがいる中、見た目の良さはトップクラスと言われています。

イケメン+ヴォーカルというステータスが1つのモテる要素だと思います。

その顔の良さは同じメンバーにも認められており、デビュー前はDJ LOVEさんのマスクをFukaseさんが被りたかったらしいですが、

同じメンバーのSaoriさんとNakajinさんが「顔が良いから」という理由により全力で止められ、被ることができなかったそうです。

人々を魅了する才能とカリスマ性

Fukaseには人々を魅了する才能とカリスマ性があります。

最近のバンド業界の中でもトップレベルと言えます。

Fukaseさんは意思がハッキリしていて好きな事は一切妥協しないという性格です。

その性格が表れたのは、2013年に開催された「炎と森のカーニバル」のライブの時です。

そのライブではステージには30メートルの巨大樹がそびえたっているのですが、本来は15メートルまでしかできないと言われていました。

しかし、Fukaseさんの妥協したくない性格から何とか30メートルの巨大樹をたたせることに成功しました。

当時はこの巨大樹の建設により、費用が5億円で赤字の結果になりましたが、Fukaseさんはまったく後悔していませんでした。

このような妥協しないまっすぐな性格が周りの人を魅了し引き込んでいっているのかもしれません。まさにカリスマ性と言えます。

母性をくすぐるかわいい性格

Fukaseさんは見た目と裏腹にとてもかわいいともいわれています。

Fukaseさんの天真爛漫で無邪気な性格も兼ね備えていて、まさに子供のような性格で母性本能をくすぐります。

その可愛さはライブ中にも漏れることがあり、女性ファンから「かわいいー!」と言われることもすくなくありません。

見た目と性格のギャップもモテる理由かもしれませんね。

独特で個性的なアーティスト性と世界観

SEKAINOOWARIといえば、独特な世界観を持っているバンドとしても有名です。

その独特の世界観を作っているのが主にFukaseさんです。

Fukaseさんはメンバー内でも1番多くの楽曲を制作しています。

そして、その1つ1つの楽曲が他のバンドにはない個性があり、考えさせられたり、納得してしまう楽曲です。

このアーティスト性の高さも1つのモテる理由かもしれません。

そのアーティスト性の高さは、中学時代の時から芽生えており、中学生の時にSaoriさんと2人で「死刑について」「正義と悪について」話しており、

その頃から、アーティスト性の高さがあったのだと言えます。

バンドで成功しているから

「バンドで成功している」この理由はかなり大きいと思います。

バンドマンはモテます。顔がイケメンじゃなくても、売れていなくても、モテるというイメージです。

その理由は、常に夢を追っているからだと思います。

Fukaseさんは成功した今でも、現状に満足せず常にメンバーと共に前進しています。

その姿を見た人々が惹かれるのも訳ありません。

これからも、SEKAINOOWARIの活躍が楽しみです。

まとめ

今回は、セカオワのFukaseさんのモテる理由についてまとめていきました。

様々なモテる理由を紹介していきましたが、その根底には努力があると思います。

Fukaseさんは人の何倍も辛い道を乗り越え今のステージに立っています。決して楽な道ではなかったと思います。

本来なら、その道を避けることもできましたし、ほとんどの人が避ける道です。

その上でその道を選んだ、勇敢な姿が今のFukaseさんの本当の姿だと思います。

そして、この姿が結果として人々を魅了しています。

この勇敢な姿を今後も人々の前で見せてほしい限りです。