歌手・アーティスト

生田絵梨花の父親はシスコ社員!お嬢様育ちの背景に何が?

乃木坂46のメンバーで「いくちゃん」の愛称で知られる生田絵梨花さん。舞台女優としても大活躍でチケットが最も取れないと言われるほどになりました。

最近では天真爛漫なキャラクターで多くのバラエティー番組にも出演されていますね。

小学2年生の頃に母親と観たミュージカル「アニー」に感銘を受けたことから舞台女優になることが夢だった生田さんは高校、大学と音楽の学校に通っており、特技はピアノです。

また、乃木坂46の一期生として2012年2月22日にデビューした生田絵梨花さんはメンバーの中でもお嬢様育ちで有名です。

そんな生田絵梨花さんの父親はどんな方なのでしょうか?

なので今回はイケメンでエリートという噂もある生田絵梨花さんの父親について調べていこうと思います!

 

生田絵梨花さんの一家はエリート一家?

生田絵梨花さんは、1997年1月22日にドイツのデュッセルドルフで生まれ、5歳までドイツで過ごしました。生田絵梨花さんの家族構成は、母親、父親、お姉さんの4人家族だそうです。

この生田絵梨花さんがいたドイツのデュッセルドルフには日本の会社が多くあり、エリートが集うと有名な街です。

生田絵梨花さんは、4歳の頃からピアノ(他にも数学、クラシックバレエ、習字、英語)を習っていて幼少期から毎日のように習い事があったと「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演した際に話していました。

さらには英検2級、漢検準2級、数検3級、書道準7段と資格を多数所有しており書画展でも金賞を受賞した経験があるそうです。

それをすべてやりきった生田絵梨花さんはもちろんすごいと思いますが、その分の月謝代もすごいはずです。これは世帯所得が良くないとなかなかできないことですね。

その甲斐もあり、生田絵梨花さんは、東京音楽大学付属高校を卒業後、東京音楽大学に入学しました。

しかし、大学については中退した、まだ在学中というような噂が飛び交っていますね。

また、東京音楽大学を卒業するまでにかかる費用は、約850万前後だそうです。これも世帯所得が良くないと厳しい額ですね。

 

東大生のお姉さんがいる?

生田絵梨花さんの姉は、名門私立の中高一貫校の桜蔭高校に卒業後、大学は東京大学理科一類ではないかと言われています。

娘を二人とも大学卒業させるとなるとやはり、ある程度裕福な家庭であると推測されます。

 

親戚は有名な音楽プロデューサー!

生田絵梨花さんさんのお父さんの従兄弟にあたる佐久間正英さんはBOØWY、GLAY、JUDY AND MARYなどのプロデュースを手がけた有名な音楽プロデューサーです。

また、生田絵梨花さんの祖父はビクターの洋楽部門に勤務していたそうです。実家からもエリート家庭の感じがします。そんなこともあり、小さい頃から音楽に囲まれていたと想像できます。

 

そんなエリート家庭の生田絵梨花さんの父親は!?

生田絵梨花さんの父親である、生田大朗さんの現在の職業はシスコシステムズで、プロダクトマーケティング担当として活躍されているそうです!

シスコシステムズは、世界的に有名なネットワーク機器のメーカーです。また、2018年には「働きがいのある会社」ランキングの大企業部門でなんと1位に選ばれている企業です。

最近ではシスコシステムズとソニー・ミュージックエンターテインメントとライブ イベントにおけるテクノロジー パートナーシップを組んでおり、生田絵梨花さんの所属する乃木坂46ともコラボしています。

 

また、生田大朗さんは一橋大学を卒業されているそうです。超が付くほどのエリート家族ですね。

そして、一橋大学卒業後KDD(現KDDI)に入社し、1995年よりKDDドイツ現地法人にて新規事業立ち上げのためにドイツに赴任されたそうです。生田絵梨花さんの母親と一緒にドイツに移ってから2年後に生田絵梨花さんが誕生し、生活していたのですね。

その後、2000年9月にLevel 3 Communicationsドイツ現地法人に入社し現地日系企業向けのビジネス展開を推進し、2001年4月に日本に帰国しシスコシステムズ(シスコ)に入社されハイエンドルータのプロダクトマーケティングを担当。

2006年1月よりボーダフォン、ソフトバンクモバイル社にてMVNO事業立ち上げに従事した後、2007年にシスコに再入社。サービスプロバイダーマーケティング担当を経て、2014年よりコマーシャル&パートナーマーケティング部門をリード、現在に至るそうです。

 

生田絵梨花さんの父親の推定年収はどれくらい?

上記で述べたように、生田絵梨花さんに毎日のように習い事をさせて揚げられたり、娘二人を大学に通わせることができた、生田絵梨花さんの父親である生田大朗さんの推定年収はどれくらいなのでしょうか?

シスコシステムズの平均年収を調べてみると以下のように出てきました。

30代:1,000万円~1,200万円(推定)
40代:1,200万円~1,300万円(推定)
50代:1,400万円~1,500万円(推定)
引用元:平均年収.JP

これがシスコシステムズ社員の年収の平均値です。

生田大朗さんは現在は50代で上記で述べたように素晴らしい経歴の持ち主ですので、最低でも推定年収は1500万、また役職にもついていらっしゃるようなので、もしかしたら2000~3000万円ほどだと推定します。

また、生田絵梨花さんが中学3年生の頃に、グランドピアノを買ってほしいと父に頼んだそうです。すると生田大朗さんは『中途半端な覚悟じゃダメだ』と言い、生田絵梨花さんが『一生ピアノはやり続けるから』と泣きながら嘆願したそうです。

このようなエピソードからもわかるように、いくら愛娘に頼まれてもグランドピアノをポンと買ってあげられる家庭はなかなかないと思います。

一般的に、グランドピアノと防音設備一式で約数百万~数千万かかると言われています。そのような額の買い物は経済的も余裕が無いと出来ない事ですよね。

生田絵梨花さんの父親超イケメン!?

生田絵梨花さんが家族での韓国旅行の際に書かれたブログに父とのツーショット写真を掲載していました。

その時のブログがこちらです↓

http://blog.nogizaka46.com/erika.ikuta/2016/09/034425.php

とてもお父さんは。若々しく見えますね!

そんな生田絵梨花さんのイケメンお父さんはこちらのリンクから確認できます↓

http://adtech-tokyo.com/2015/ja/speaker/speaker.html?num=spk069

俳優さんかと思うぐらいイケメンではないでしょうか。女子はお父さんに似るとよく言われていますが目とその周りがお父さんに似ているような気がしますね。

 

生田絵梨花さんのタフさは父親譲り!?

生田絵梨花さんはアイドルと舞台女優の両立させており、これまでも過密日程をこなしてきました。メンタル的にも身体的身体的にも相当なタフさを持っていると思います。

「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」の大阪公演の二日目では舞台の仕事で名古屋にいたためライブを欠席していましたが、名古屋から駆け付けアンコールに出演し会場を沸かせるなど本当に鉄人だなと感心してしまいます。

生田絵梨花の父親・生田大朗さんは強靭な肉体と精神の持ち主で、鉄人レース「トライアスロン」に参加することでも有名です。

学生時代から運動神経が良かったとのことで、野球ならエースで4番・サッカーならフォワードというタイプだったそうです。ただ走るのは苦痛だったそうなのですが、トライアスロンに参加しトライアスロンは普通のマラソンと違い、自転車や水泳もあるので楽しいと思ったそうです。

生田絵梨花さんがとてもタフなのは、タフで優秀な遺伝子を父親から受け継いだのでしょう。

ただ、いくらタフだからと言っても一ファンとしては生田絵梨花さんにはお体に気をつけて欲しいところです。

 

生田絵梨花と父親が写真集で共演?

今年1月22日に発売された写真集『インターミッション』は週間売上は17.9万部で、「女性ソロ写真集の初週売上歴代1位」に輝き話題になりましたが、2016年1月に生まれ故郷のドイツのデュッセルドルフで撮影をした、初のソロ写真集『転調』を発売しました。

その『転調』の撮影期間、生田絵梨花さんの両親もドイツに赴き旅行を楽しんでいたそうです。その時、両親が撮影を見学していた際に「写っちゃおうか?」という感じで、生田絵梨花さんの父親が写真集の中に映り込んだ写真があるそうです。

カフェでのひとコマに生田絵梨花さんの父親が、ボヤけた感じで映っているカットがあるそうです。

生田さんは、この時のお父さんのことについて「あまり感情を表に出さない人なので、心でニヤリとしてたんじゃないですかね」と言っていました。

こんなエピソードからも、とても仲のいい家族であることがうかがえますね。

 

今回のまとめ

  • 生田絵梨花さんのお父さんはエリートでイケメンである。
  • 生田絵梨花さん一家はエリート家族。
  • 家族の仲がいいと思われる。

 

今回は、イケメンでエリートとネット上で噂されていた、生田絵梨花さんの父親について調べてみました。

調べたところ、本当に生田絵梨花さんの父親である生田大朗さんはシスコに勤務するイケメンエリート社員でした。

また、母親や実家については一般人ですので写真や記事は見つかりませんでした。

お嬢様として育てられ、乃木坂46の一期生としてデビューした生田絵梨花さんですが、仕事と学業の両立を両立させ、とても努力してきたことは間違いないです。

まだ22歳なので、これからも乃木坂46のアイドルとして、舞台女優として才能を発揮して大活躍してほしいです!!

マスク・除菌・抗菌『3つで徹底対策』

マスク・除菌・抗菌のことは
「打倒コロナ!応援情報」
ご相談ください

ウィルス対策室