俳優

岡田准一は超ひらパー兄さん!?初代ひらパー兄さんよりも人気でおま

大阪にある『ひらパー』をご存知でしょうか?

ひらパーというのは大阪枚方市という場所にある、ひらかたパークという遊園地です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのような大手のアトラクションではなく地元色の強い遊園地であるため、関西県民でない限りしらない人は多いかもしれませんね。

V6の岡田くんがひらパー兄さんに就任さているのですが、そのひらパー兄さんがあまりにも面白いことになっているので、是非他県民の方々にも知って頂けたらと思います。

岡田准一はひらパー兄さんでおま

そもそも『ひらパー兄さん』とは何か?ということなのですが、ひらかたパークのイメージキャラクターのようなものです。

現在岡田くんはひらパー兄さん2代目として活躍されています。

筆者は関西県民なのでひらパーのことは知っていたのですが、岡田くんが2代目ひらパー兄さんになる前はある芸人さんがひらパー兄さんとして活躍されていたのです。

①初代ひらパー兄さんはブラマヨ小杉

2008年M1王者ブラックマヨネーズの小杉竜一さんが初代ひらパー兄さんでした。

筆者は当時ブラマヨがめちゃくちゃ好きだったので、ひらパーに親友と遊びに行っていたことがあります。

至る所に小杉さん、相方の吉田敬さんの等身大ポスターがあったのが印象的でしたね。

小杉さん、吉田さんがどちらがひらパー兄さんにふさわしいか当選選挙を行うということで、地元のニュースで取り上げられていたこともあったほどです。

2009年~20013年までひらパー兄さんを就任していましたが、後任者は小杉さん以上他にいないのではないか?と言う声もありました。

岡田准一は2代目超ひらパー兄さん

ブラマヨ小杉さんの後継者として名が上がったのは、まさかのV6岡田くんだった時は心底びっくりしましたね。(笑)

確かに岡田くんは大阪出身地者で、ひらパー兄さんとしての資格はあったのですが、正直小杉さん以上に半端な以上にほどの人気が出ました。

筆者は大阪県民ではありませんが、筆者の地元でもよく流れていました。

これは見た時、クールな岡田くんのイメージがぶっ壊れまくるほどでしたので良かったと思います。

①岡田准一のアイマスク

岡田くんがひらパー兄さんとして就任された際、ひらパーにしかない限定グッズが存在していました。

V6 岡田准一 アイマスク ひらパー 兄さん

それは岡田くんの目元がプリントされたアイマスクです。

当時ひらパーに行った人はもらえるというものだったそうで、爆発的な人気がありましたね。

その影響により、ひらパーは黒字回復したと言われています。

筆者の周りでも岡田くんのアイマスクが欲しいという人はいましたが、残念ながらもう品切れだったみたいですよ。

②何故岡田准一がひらパー兄さんに選ばれた?

物凄く単純な話なのですが、岡田くんが大阪枚方市御殿山の出身だからです。

ちなみに御殿山はごてんやまと呼びます。

枚方市に住んでいる、そして子供の頃ひらパーに来ていたという理由で採用されました。

筆者関西県民なのでひらパーには何回か行ったことがあるのですが、特にそんな何にもないです。(笑)

初代ひらパー兄さんの件があったからこそ、枚方出身でひらパーで何度か遊んだことがある岡田くんを選んだのかもしれません。

③初代ひらパー兄さん小杉は二股していた

初代ひらパー兄さんである小杉さんの採用はとてもよかったとは思いますが、残念ながら選択ミスですね。

初代ひらパー兄さんの問題点

○ひらパーよりもユニバーサル・スタジオ・ジャパンが好き
○相方の吉田の方がひらパーに何度も行っている
○相方の吉田の父親の職業は京阪鉄道会社の人間

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとの二股疑惑については、『松本人志の滑らない話』で吉田さんが暴露されていました。

元々契約制のひらパー兄さんだったのですが、結局5年以内で終わってしまいましたね。

小杉さんは人気もあったしいけると思ったのでしょうが、どうせなら2人とも採用された方が良かった気がします。(笑)

ブラマヨ小杉のお腹!起死回生ストーリーが彦摩呂以上!ブラックマヨネーズのツッコミ担当である小杉竜一さん。 本当に徐々に太りつつあり、今では食レポのコメンテーターである彦摩呂さん以上に...

④岡田准一がひらパー兄さんになった理由は手紙

ひらパー 手紙 岡田准一

ひらパースタッフが岡田くんに当てた手紙が以下のようになります。

岡田くんへの手紙

新ひらパー兄さんご就任のお願い。
このたび、2013年度の新ひらパー兄さんにご就任いただけないかと切に願い、手紙を書かせていただきました。
わたしたちひらかたパークは、いくつかの強い意思を持っています。
それは一人でも多くの人にひらかたパークへ来てもらい、一生忘れない思い出をつくってもらいたい。
100年続いた遊園地から枚方を、枚方から関西を、そして関西から日本を元気にしたい、というものです。
遊園地は、地域貢献だけにとどまらない側面をたくさん持っています。
思い出をつくる場所であり、人が育つ空間であり、家族をつくっていく場所でもあります。
そして、岡田さんご自身もそうだったと思いますが、子どもたちにとって故郷のような場所にもなります。
枚方で育ち、ひらかたパークで遊んだ思い出をおもちの、そしてご自身の言葉でひらかたパークを語ることのできる岡田さんだけが、ひらかたパークから日本中を元気にしていけると信じております。

なにとぞよろしくおねがいいたします。

これは落ちちゃいますよね。(笑)

超ひらパー兄さんのポスターや中吊り

関西県民なら誰もがご存知かもしれませんが、ひらパーの広告はCMだけではありません

ポスターや電車の中吊りにも貼られていたのですが……、正直きつかったです。

これは公共の場に出してしまって良いものなのかという所のものばかりでした。

①ポスターが岡田准一の映画のパロディー

ひらパー兄さんのポスターを用意しました。

まずはポスターをご覧下さい。

岡田くん映画を見たことがない人も何となくは分かるかと思いますが、全て絶妙なパロディ、そしてオマージュ化されたポスターとなっています。

筆者は電車に乗った時に『永遠の0』の中吊りを見たのですが、めちゃくちゃ笑いました。(笑)

公共の場で出して良いかという微妙な言い方をしましたが、あまりのパロディっぷりに凝視されていた方、笑いを堪えていた人が多かったのです。

軽い嫌がらせかよと言いたくなるくらい、笑えるものでしたね。(笑)

②ジャニーズの岡田准一だからこそのポスター

関西県民であれば岡田くんのポスターやCMなどは普通に知っているでしょう。

ブラマヨ小杉さんの時もポスターは使用されていたのですが、ここまで話題になることはありませんでした。

小杉さんの場合はお笑い芸人であるため、面白いポスターやCMは当然なのかもしれませんが、岡田くんの場合はよくジャニーズ事務所が許したなという話題には今でもなっていますね。

パロディをされたのはインパクトもありますが、関西県民だけに笑いを取るためかもしれません。

関西はお笑い好きなので、その辺がっちりつかんでおくと問題はないと考えたのでしょう。

③ひらパー兄さんポスターの反応

ひらパー兄さんのポスターに対する世間の反応はどうかというと、もちろんとても良い評価のものばかりですよ。

岡田くんが映画出演が決まった際、またひらパー便乗するだろうと思っているので楽しみにしているんですよ。

実際どの映画のパロディも上手く作られているので、思わず笑ってしまうレベルのものばかりです。

岡田准一のひらパー兄さんのCM

ポスターも破壊力がありましたが、CMも中々の破壊力でしたね。(笑)

どちらかというとポスターの方がインパクトありましたが、このCMで岡田くんは関節技を決められているので、筋肉俳優であることは関西県民に認知されました。

 

CMでの岡田くんがあまりにもシュール過ぎて、軽く引く人までいたほどです。(笑)

筆者もこのひらパーのCMを見て、岡田くんってこんなキャラやったっけ!?と思ったくらいでした。

初代ひらパー兄さんよりも人が増えた

二股をしていたとは言え、ブラマヨ小杉さんの時もお客さん入りは良かったですね。

特に小杉さん、吉田さんがされていたひらパー兄さん選挙の時は人が賑わっていました。

筆者もひらパー兄さん選挙の時は行きましたが、中々白熱しましたね。

しかし岡田くんがひらパー兄さんになってから、更に人が増えたと言われています。

どのくらいすごかったのか、岡田くんは本当に偉大ですね。

①岡田准一のひらパー兄さん公約

2016年、2017年、2018年の公約を見事達成されています。

岡田くんのポスターやCMでも言われていたことなのですが、目標人数に達成できなければひらパー兄さんをクビにさせられてしまうのです。

実際岡田くん自身の実力で入園者数は10億人以上達成されてはいますよ。

この入園者数は初代ひらパー兄さん以上でした。

ちなみに初期の公約は、『入園者数100万人達成』というものでしたね。

100万人どころか億を越えているので、公約以上の働きをしていると言っても過言ではないでしょう。

②岡田准一を起用したマーケティング術

岡田くんが映画に出る度にポスターが新しく作られ、その度に色んな公約が行われます。

この公約、ポスターを楽しみにしている人達がおり、上手く視聴者の心をつかんだとしか言いようがありません。

ビジネスに詳しい方ならご存知かもしれませんが、マーケティングというのはご存知でしょうか?

マーケティングとは販売戦略のことですが、ひらパーのマーケティングは実に見事です。

ひらパーの販売戦略

○男女共に人気のあるタレントを起用
○映画のパロディ、かつ映画の宣伝、岡田准一自身のためにもなるためwinwinの関係を築けている
○公約実行、ポスターなど視聴者の興味を引き話題にさせている

その結果、興行収入や入園者はうなぎ登りとなりました。

③ひらパーは岡田准一のおかげで安泰?

現在岡田くんのおかげでひらパーは黒字になっていますが、これから先も安泰か?と言われるとひらパーのマーケティングを見ている限りは大丈夫でしょう。

現在ひらパーに限らず、他のテーマパークは閉鎖状態に追い込まれています。

今は昔と異なり、子供向けのようなテーマパークは大人になっても興味がないという方が非常に多いんですよ。

大手テーマパークである東京ディズニーランド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどは安泰していますが、ひらパーや富士急ハイランドなどはまだ大丈夫ですね。

岡田准一以外にひらパー兄さんができるか?

ブラマヨ小杉さん、V6の岡田くんを起用されたのは良いアイデアでしょう。

改めて考えてみると岡田くん以外にひらパー兄さんができる人っていないですね。

確かに小杉さんは人気がありました。

しかし小杉さん以上となると、誰でも良いという訳ではありません。

現時点で岡田くんを越えるような凄いひらパー兄さんが現れることはないでしょう。

まとめ

2019年6月、『ザ・ファブル』という映画があるため、また近い日にちになったらポスターが出るかもしれませんね。

今度はどんなポスターが出るのか楽しみです。

正直遊園地のポスターって人はそんなに興味がないのですよ。

今これこれやってるよというのは見ますが、ポスターを楽しみにしているというのはとても良いことです。

普段連休とかがないと遊園地なんてめったに行かない人も多いのですが、ひらパーの場合はCMとポスターなので何となく行きたくなってしまうんですよね。

これも全部岡田くんのおかげかもしれません。

マスク・除菌・抗菌『3つで徹底対策』

マスク・除菌・抗菌のことは
「打倒コロナ!応援情報」
ご相談ください

ウィルス対策室