俳優

岡田准一の演技力はどんな感じ?それ以前にジャニーズだよね!?

今や誰もが認める俳優となった岡田准一さんですが、元々俳優志望ではありませんでした。

現在活動されていないため知らない人も多いのですが、元々はジャニーズとして活動されており、俳優になったのも10年くらい前の話です。

V6というグループで活動されていたのですが、ある日突然グループでの活動はなくなりました。

元々V6だったのに何故俳優となったのか?

V6時代の岡田准一の経歴

筆者は現在30代なのですが、筆者と近い年代の方であれば『学校へ行こう』といつ番組をご存知でしょうか?

当時めちゃくちゃ人気があった番組で、V6の冠番組としても有名でした。

学校へ行こう以降もしばらくはV6として活動はされていたのですが、メディアに取り上げられていたのは岡田くんが多かったですね。

テレビ番組でよく見るのは岡田くん、イノッチ、長野くんの3名でしょうか。

①岡田准一の実力

岡田くんの実力を検索すると、アクションに関して素晴らしいという関連が多いですね。

確かに岡田くんが他の人にないものは、アクションでしょう。

先輩である元SMAPの木村拓哉さんとの差はそこにあると言われており、木村拓哉さんにないものはアクションかもしれません。

当人的には俳優としてどうなのか?と悩んでいる所もあるようですが、肉体的な部分で言えば相当強いので問題はないと思います。

後輩にアクションを伝授してあげているくらいなので、凄いことでしょう。

岡田准一はいつからあんなに筋肉つけすぎキャラになった?岡田准一さんはV6というジャニーズグループのメンバーの1人です。 ジャニーズグループというと中性的な美少年の集まりというイメージを...

②岡田准一の性格はとても良い

岡田くんには悪い噂がないですね。

テレビで見ている分ではむちゃくちゃやっているイメージがありますが、映画やドラマなどで共演された方々からは褒めの言葉しかありません。

図書館戦争』で共演された福士蒼汰さんは、岡田くんが一番年下である自分に気を使ってくれたと話しています。

共演したことがきっかけで、福士蒼汰さんは岡田くんのような役者になりたいという希望を持ったそうですよ。

③岡田准一のファンサービス

岡田くんはファンへの対応がとてもよく、ファンサービスに関しても素晴らしいとされています。

以前自分が誕生日であるというアピールをされた方がいたそうなのですが、そのファンに向けて岡田くんが「おめでとう」と口パクをされたそうです。

あえて声に出して言うよりもすごく嬉しいことですよね。

岡田くんってクールなイメージがあるのですが、どうやら人見知り傾向があるようでクールに見えるだけなのですがファンとなると違うのでしょう。

岡田准一がジャニーズ入りしたきっかけ

岡田くんは1995年の『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』というバラエティー番組でオーディションを通じて芸能界を果たしました。

最初からジャニーズ入りされたという訳ではなく、別ルートからの入門だったんですね。

V6がバレーボールワールドカップの応援団になったことはご存知かと思いますが、その時に結成されたのです。

当時岡田くんは14歳でジャニーズ事務所としては史上最短でCDデビューを果たします

まさかの出自に驚いた方も多いのではないでしょうか?

①天才・たけしの元気の出るテレビ!!でデビューしたタレントたち

まさか岡田くんがたけしの元気の出るテレビでデビューしたとは思いませんでした。

筆者も見ていたのですが、当時幼稚園児くらいでしたね。

せっかくなので岡田くん以外に誰がデビューされたのか調べてみたのですが、めちゃくちゃ叫びまくるメンバーばかりでしたよ。(笑)

まさかの安室ちゃんの名前があった時は絶叫しました。(笑)

しかも安室ちゃんは歌姫というくくりではなく、沖縄の空手美少女としての登場だったのです。

ちなみに岡田くんのは『ジャニーズ予備校』というコーナーでお母さんが応募し、オーディションに受かったとされています。

今現在こういう番組がないので中々チャンスが出ない方も多いのですが、まさかすぎてびっくりとしか言いようがありません。

②岡田准一が天然でかわいい

岡田くんってクールでとっつきにくいというイメージがあったのですが、実は人見知りで天然だそうです。

以前V6の三宅健さんが自身のラジオにて暴露されていました。

岡田准一の天然でかわいい部分

●真摯をしんげきと読む
●黒柳徹子への寄せ書きに『お体きおつけてくださいね』

三宅健さんは天然で可愛いと言っていましたが、日本語が読めないようです。(笑)

この辺見ると結構爆笑してしまいがちですが、これを聞いて岡田くんも意外と普通の人だったんだという気持ちになりますね。

岡田准一はジャニーズでありながら俳優

岡田くんは日本アカデミー賞などで最優秀主演男優賞を受賞されている実力俳優ではあるのですが、俳優として活躍される前はとても大変だったそうですよ。

元々岡田くんは俳優志望という訳ではありませんでした。

とにかくがむしゃらに頑張って来たという感じでしょうか。

①10年単位で先のことを考えている

岡田くんは『エヴェレスト』という映画でインタビューをされた際、デビューした頃は自分がこんな俳優になると思っていたのか?と聞かれました。

どうやら岡田くんは10年単位で先のことを考えて役者として認められるように必死で頑張って来たみたいですね。

その辺からもうスケールが違うとしか言いようがありません。

実は10年単位先のことを考えることは良いことなんですよ。

自分の目標に向かって頑張るということは中々出来ませんが、岡田くんのように明確な目標があれば自然と頑張れるものです。

岡田准一は超ひらパー兄さん!?初代ひらパー兄さんよりも人気でおま大阪にある『ひらパー』をご存知でしょうか? ひらパーというのは大阪枚方市という場所にある、ひらかたパークという遊園地です。 ...

②岡田准一の影響を受けて後輩も俳優希望

ここ最近ジャニーズ達が俳優として活躍されています。

先輩として岡田くんが相談を受けたりすることがあるのですが、岡田くんがアカデミー賞を受賞された時から見る目が変わって来たようですよ。

中島(裕翔)とかがいまぐんぐん成長しているのには期待しています。ただ、アイドルとして人気があるから俳優として出られるのではなく、実力を認められるようにがんばって欲しいなと願っています。

岡田くんの言う通りですよ。

本当に演技力のあるジャニーズは少ないです。

ちなみに中島裕翔さんというのはHey!Say!JUMPのメンバーの1人を指します。

伊野尾慧くん、山田涼介さんはテレビでよく見るメンバーでもあるのですが、意外な評価ですね。

Hey!Say!JUMPの中では山田涼介さんがよく映画などに出演されてはいますが、山田涼介さんではないのが驚きました。

岡田くんのように俳優として認められるにはほとんど難しいかもしれません。

③何でジャニーズが芝居をしているんだ?

岡田くんの世代はジャニーズが芝居をしているのは何故?と言われていた時代だそうです。

 

確かに生田斗真さんや風間俊介さんのようにジャニーズでありながら俳優をされている方は珍しいとは思いました。

斗真や風間俊介さんは特にどこのグループにも所属されていないようなので異質な存在ではありましたが、別にジャニーズが芝居をしていることはおかしいことではないです。

元SMAPのメンバーも実力俳優として活躍をされていたのですが、問題はそれ以降でした。

ほとんどは視聴率を稼ぎたいからという理由でジャニーズを起用されることも多かったみたいですね。

現在は当たり前となっている時代ではあるものの、岡田くんからしてみればやっぱり「ジャニーズが芝居をしているのは何だ?」と世間から言われたことは堪えたとされています。

岡田准一の演技力は?

岡田くんの演技力に関して言えば、筆者から視聴者目線で答えさせて頂きたいと思います。

岡田くんは色んな映画に出演されており、アカデミー賞を受賞されました。

実力俳優と言っても過言ではないのですが、肝心の演技力に関してチェックしてみましょう。

岡田准一は格闘技道場を設立!?弟子は後輩ジャニーズだけではない現在筋肉俳優として活躍をされてる俳優の岡田准一さん。 元々ジャニーズのV6というグループで活動されていたのですが、同時はここまでの...

①岡田准一が永遠の0や他の作品でアカデミー賞を取った

岡田くんが最も人気が高かった映画とドラマについてご紹介致しましょう。

岡田准一の高評価を得た映画・ドラマ

●木更津キャッツアイ
●軍師官兵衛
●図書館戦争
●永遠の0
●SP

岡田くんがアカデミー賞を受賞されたのは永遠の0、大河ドラマの軍師官兵衛、SPでした。

どれも熱血漢っぽい演技が良かったですね。

岡田くん本来を生かした演技は最高ではないでしょうか?

②悪人系の演技

『白い巨塔』というドラマをご存知ですか?

小説が原作のドラマなのですが、このドラマは医療業界の闇を描かれた物語となります。

平成に唐沢寿明さんが主演をされ、ドラマは大好評でした。

白い巨塔の主人公は悪人でもあり、唐沢寿明さん自体とてもマッチしていました。

筆者も母親が白い巨塔を見ていたので知っていたのですが、まさか岡田くんがキャスティングされるなんて考えませんでしたね。

岡田くんは毒がある人物ではないのでいい意味で向いていないと思います。

③ザ・ファブル

ザ・ファブル』という漫画をご存知でしょうか?

Vシネマ的な映画で裏社会の話です。

岡田くんは主人公の佐藤明という凄腕の始末屋という役を演じます。

筆者ザ・ファブルが好きで漫画を読んでいるのですが、あんまり岡田くんにはマッチしなさそうなキャラではないと思いますね。

主人公のファブル兄さんはやる気がそんなになさそうな感じのキャラなのですが、岡田くんのようにキリっとした感じではありません。

関西弁、格闘技、年齢的なものというと岡田くんには合っているのすが非常に微妙な気がします。

個人的には面白い気はするのですが、漫画のイメージとは結構かけ離れてるのでどうなん?としか言いようがないですね。

そう言ってたら大体面白い可能性は高い気はします。

岡田准一は先駆者でもある

実はジャニーズ事務所ではアカデミー賞にノミネートされた際、賞レースに参加しないという事務所の方針だったそうです。

元SMAPの木村拓哉さんが『武士の一分』という映画でノミネートされたのですが辞退されました。

ただこの辺は大人の事情にもよるのですが、岡田くんは普通に受け取っています。(笑)

改めて考えると岡田くんって別に先駆者という訳ではないんですよね。

元SMAPの木村拓哉さん達だって映画に出られていたし、生田斗真さん達もドラマなどで俳優をされているのでおかしいことはありません。

①本来の先駆者はSMAP

本来の先駆者と言えばSMAPでした。

岡田くんがデビューされる前の平成初期はトレンディドラマ全盛期と言われています。

光GENJIが良い例になるかと思いますが、その当時はアイドルグループとして活躍をされていただけでした。

当時のジャニーズは主演以外の出演は却下されていたのですが、『あすなろ白書』という月9ドラマで木村拓哉さんを主要人物としてキャスティングしたのですが、これがブレイクしたのです。

ドラマだけではなく、司会者としてもSMAPが先駆者になっているので、これについてはどうなんだ?という声も上がってきているようですね。

岡田くん自身も現在俳優業を専念されているので、先駆者であると言っても間違いではないのですが、どうも世間はSMAPはどうなんだ?という声が多いです。

岡田准一の次なる夢とは?

現在岡田くんのやりたいことは東京オリンピックの開会式に出ることだそうです。

日本の文化を紹介する映像に甲冑を来て出たいのだとか。(笑)

確かに日本の文化を象徴するのであれば甲冑は良いかと思いますが、ある意味で斬新すぎてびっくりしますよ。(笑)

そこで司会をやっているイノッチに会うというのが密かな夢だそうです。

まさかイノッチの名前が出てくるとは思わなかったのですが、今でも仲が良いんですね。

①V6解散説

個人による活動が目立っているためV6って解散しているのでは?という方も多いようですが、V6解散していないですよ。

確かに俳優として成功されている岡田くんと異なり、他のメンバーはそんなに名前が目立っている訳ではありませんでした。

イノッチや長野君、強いて森田剛さんくらいではないでしょうか?

メンバー格差、岡田くんが宮崎あおいさんと結婚されたことによってジャニーズが怒ったということもありましたが、現在でもV6は解散されていません。

俳優をしつつなので大変そうですね。

まとめ

岡田くんの俳優業はこれからも継続していくでしょう。

そして今後の目標はどうなっていくのか面白いですね。

俳優業は成功されていますし、お父さんとして何かされるとかでしょうか?

 

マスク・除菌・抗菌『3つで徹底対策』

マスク・除菌・抗菌のことは
「打倒コロナ!応援情報」
ご相談ください

ウィルス対策室